万博公園花情報

(2016年3月15日)

自然文化園
ウンナンオウバイ

(世界の森・東端)


沢山咲いてきました。
(自然文化園・梅林)

豊後(ぶんご)

遅咲き種の「豊後(ぶんご)」なども見頃を過ぎ、終わったな・・・・という感じです。
麻耶紅(まやこう)

まだ何とか見られる品種も少しあります。
ミツマタ

(水車茶屋)


早くも黄色い花が、一部ですが開花しています。
ナナモモ

(茶摘みの里・北側)


桃の実が目的ではなく、花を楽しむ木だそうです。
ネモフィラ


(自然観察学習館・横)

パンジーなどと一緒に、花壇に植えられています。
トサミズキ(花)

(渡の沼)


今が満開です。
サクランボの花

(観察の森)


少し白っぽい花ですが満開です。
ポピー

(花の丘)


「鳥よけ」でしょうか?ネットに守られ、沢山咲いてきています。
ウグイスカグラ

(展望タワーの近く))


一寸油断していたら、もうすでに木いっぱいの花をつけていました。
椿

緋乙女
(ひおとめ)

(つばきの森)


一寸変わった椿です。
椿

日光
(にっこう)

別名:紅唐子(べにからこ)


これも、変わった品種です。
カンヒザクラ(寒緋桜)

(春の泉)


早咲き種の桜が満開です。
ハクモクレン

(西大路・終端北側)


ここには、白いモクレンの木がいっぱいあり、これから一斉に咲いてくると思います。
ラッパスイセン

(水すましの池・南側)


いつも、白いスイセンが終わると、ここには足を踏み入れていませんでしたが、こんな黄色いスイセンが咲いていました。
ツクシ

(大地の池・北側の石垣上))


ツクシが、沢山みられます。
ここからは日本庭園です
乙女椿

(正門・西側)


乙女椿が、日本庭園内で、こんなに沢山一度に咲くのを見たのは初めてです。
キブシ

(梅林・南側入口から坂道を上がった所)


別名、キフジ・マメフジ
キブシ科
布:北海道〜九州
花は淡黄色で多数下垂
日本庭園の梅

日本庭園の梅も、この「楊貴妃」という木は綺麗でしたが、他は終わりかけの木が多いです。

楊貴妃
楊貴妃(ようきひ)

UP
関守(せきもり)
ヒイラギナンテン

(滝・付近)


緑と紅葉に黄色い小さな花が似合います。
ユキヤナギ

(茶室北側の一般通路)


早くも、ユキヤナギが咲き始めています。
サンシュユ

(はす池・北西角辺り)


これも満開です。
2016年3月15日
2016年3月 1日 -戻る- 2016年3月21日