万博公園花情報

(2016年2月23日)

自然文化園
サンシュユ

(世界の森)


つい先日まで、赤い実でいっぱいだった枝先で、黄色い花が咲き出しています。


(梅林)


けっこう咲いてきました。

遅咲きの梅は、まだ蕾みですが、それ以外の梅は「5分咲き」と云ってもよい状態かと思います。
「東屋」脇の枝垂梅も5分咲位となりました。今週末には見頃となるかも知れません。

例年この梅が満開の頃が、大体ここの梅林が見頃の時期となります。
今年の万博公園梅まつりは2月20日(土)〜3月21日(月・振休)に開催されます。(於・自然文化園梅林・水車茶屋・日本庭園梅林)09:30〜17:00(注・水曜は休園)
黄金梅(おうごんばい)


珍しい品種です。
新平家(しんへいけ)


正面から見ても綺麗ですが、背中も綺麗です。
(マウスONで背中の画像を表示します)
座論(ざろん)


梅林・入口の橋の下・東側で咲いています。
ヒイラギナンテン

(ケヤキの丘・付近)


紅葉と黄色い花を同時に見られます。
トサミズキ

(渡の沼・付近)


ロウバイ・マンサクに続いて、黄色い花が咲き始めました。
アイスランドポピー

(花の丘)


早くも、チラホラ咲いてきています。
緋乙女(ひおとめ・サザンカ)

(つばきの森)


一寸変わった花です。
古都の香(ことのかおり・椿)

(つばきの森)
白モクレン(蕾)

(西大路・終端の北側)


モクレンの蕾が、かなり膨らんできました。
ここからは日本庭園です
ネコヤナギ(花穂)

(梅林・南入口)


ここのネコヤナギの花穂は、かなり赤くなっています。
日本庭園・梅情報


遅咲き種の楊貴妃の蕾が、かなり膨らんできています。この品種が咲き出すと、一気に華やかになります。
鈴鹿の関(すずかのせき)

(梅林)


梅林・東側に変わった品種が植えられています。
不老園緋梅(ふろうえんひばい)

(梅林)


これも東側に植わる梅です。
やぶつばき

(竹林・付近)


やっと、綺麗な花が出現しました。
ゴモジュ

(築山の最上段歩道)


この花は初めて撮りました。
2016年2月23日
2016年2月16日 -戻る- 2016年3月 1日