万博公園花情報

(2016年2月2日)

自然文化園
ピラカンサス(実)

(夏の花八景)


南側の通路脇に、この木が何本かあります。
ウンナンオウバイ(雲南黄梅)

(世界の森)


バイと云っても梅科の植物ではありません。

例年、春先に咲く花ですが、もうすでに沢山咲いてきています。
梅情報(梅林)

八重寒紅(やえかんこう)


場所・品種によっては、少しまとまって咲く木がみられます。
道知辺(みちしるべ)
黒龍梅(こくりゅうばい)


これまでに開花を確認した品種は、小梅香篆(こうてん)、八重寒紅扇流(おおぎながし)、玉牡丹白加賀冬至八重千鳥桃山雪山枝垂森の関大盃美川梅白加賀初雁春日野白難波錦光、大湊、叡山白(えいざんぱく)といったところです。
月影(つきかげ)


なお、今年の万博公園梅まつりは2月20日(土)〜3月21日(月・振休)に開催されます。(於・自然文化園梅林・水車茶屋・日本庭園梅林)09:30〜17:00(注・水曜は休園)
椿情報


古都の香(ことのかおり)

(つばきの森)


寒さが戻り、開花品種は激減しています。

咲いていても中々綺麗な花が見つかりません。
岩住(いわずみ)

(つばきの森)


淡い桃色の花をつける。花が開くと、外側の花の内側にもう一つ花があるように見える、二段咲の代表花だそうです。
蜀紅(しょっこう)

(つばきの森)
ジュウガツザクラ(十月桜)

(水すましの池・北側)


十月から咲き出した桜が、まだ咲いています。
オタフクナンテンパンジー

(水すましの池・東側通路)
ここからは日本庭園です
ロウバイ

(正門・東側)


東側のロウバイも本格的に咲いてきました。
タマリュウ(実)

(正門・東側)


鮮やか青い実をつけています。
ユズリハ

(心地池・東側)


葉のつけねの赤が鮮やかです。

大盃
(おおさかずき)

(日本庭園・梅林)


この品種だけですが、けっこう咲いてきました。
小輪鈴鹿(しょうりんすずか)

(日本庭園・梅林)


初雁(はつかり)・八重寒紅佐橋紅古今集に続いて大盃南高道知辺叡山白という品種が咲き出しています。
マンサク

(心地池・石橋付近)


本来なら早春に咲くマンサクが、一斉に黄色い花弁をのばし始めています。
日本スイセン

(花しょうぶ田の土手)


株の割りには花は少ししか咲いてきません。
後ろの赤いものは、落椿です。
2016年2月2日
2016年1月25日 -戻る- 2016年2月 9日