万博公園花情報

(2016年1月4日)

自然文化園
梅の花


白加賀(しろかが)

(梅林)


小梅、香篆(こうてん)、八重寒紅、扇流(おおぎながし)、玉牡丹(たまぼたん)に続き、この白加賀と冬至(とうじ)という品種が咲き出しています。
斑入りアオキサザンカの落花弁

(自然観察学習館・東側)


アオキの赤い実は見られません。
ネコヤナギ

(万葉の里)


ネコヤナギの花穂が赤いコートを脱ぎ棄て、銀色のコートに着替え中です。
つばき


土佐有楽(とさうらく)

(つばきの森)


暖冬のせいでしょうか、つばきの花が沢山咲いています。
式部(しきぶ)

(つばきの森)


ちょっと変わった花です。
クチナシ(実)

(もみじ川下流・左岸)


クチナシの実の色がが黄色から赤に変わりました。
ニホンスイセン

(砂の広場・北側通路)


中央に八重咲スイセンが混じっています。
プラタナス(実)

(西大路)


沢山ぶら下がっています。
ジュウガツザクラ(十月桜)

(水すましの池・北側)


十月から咲き出したこの桜は、相変わらず満開です。
ここからは日本庭園です
タマリュウ(実)

(正門・東側)


玉リュウノヒゲの青い実が見られる時期となりました。
ロウバイ

(正門・西側)


開花していたのは一輪のみです。
侘助(わびすけ・つばき)

(梅林・南側)


日本庭園内にも沢山のサザンカや「つばき」が見られますが、けっこう綺麗な侘助を見つけました。


初雁
(はつかり)

(日本庭園・梅林)


例年通り毎年一番に咲く梅の花が、けっこう沢山咲いてきています。ただし開花木はこれ一本だけですが、まもなく「八重寒紅」が咲きそうでした。
マンリョウ

(泉付近)


小さな「マンリョウ」の木が、三本斜めに並んでいました。
ボケ

(築山・中腹)


真赤なボケの花も良いが、こんな色の花もきれいです。



 2016年1月4日
「万博公園ニューイヤーフェスタ」は2016年1月10日(日)の09:30〜16:00から「東の広場」などで開催されます。
-戻る- 2016年1月17日