城跡探訪・坂本城 


2015年6月20日

膳所城跡→大津城跡を訪れますと、次は「坂本城址」を訪れてみたくなり、とりあえず坂本城址公園を訪れてみました。

公園入口に立つ立派な城跡碑の横を通り、公園内に踏み込むと「解説板」・「銅像」・「石碑」が出迎えてくれます。
解説板によりますと

 天下統一をめざし、戦国時代を疾風のごとく駆け抜けた織田信長は、元亀二年(1571)比叡山延暦寺を焼き討ちすると、最も信頼する家臣のひとりである明智光秀を、京都を扼する西近江の要衝・坂本に封じた。
 築城の名手であった光秀は、翌元亀三年、本公園の北方300mの湖岸に、安土城に次いで日本第二の名城と謳われた坂本城を築城した。坂本城には、姫路城のように大天守と小天守があり、城郭の範囲は、日吉山王祭のよびものの一つ、船渡御の神事が行われる七本柳にまで及んでいたとされている。
 なお、今も城・城畔・御馬ヤシキなどの字名が残っている。
坂本城の歴史
1571(元亀 2)年 明智光秀、信長の命によりこの地に築城
1580(天正 8)年 坂本城普請(改築)
1582(天正10)年 坂本城炎上
同年 丹羽長秀、羽柴秀吉の命により坂本城再建
1583(天正11)年 杉原家次が城主となる
同年 浅野長政(長吉)が城主となる
1586(天正14)年 浅野長政が棄城し、大津城ひ移転する
銅像は「明智光秀像」で、足元には「業績」と刻まれた石板が添えられています。
業績

 明智光秀は、北国道(西近江路)と湖上交通との要衝にあたるこの地に、元亀三年坂本城を築いた。
この城は琵琶湖に臨む典型的な水城で、しかも築城の造詣の深い光秀だけに城は、豪壮華麗で、安土城に次ぐ名城といわれていた。ここで近江滋賀郡を支配し、民政は行き届いていたという。
 その後、光秀は丹波を平定し、天正五年ころから亀山城を築き、その城下町が現在の亀岡市の基礎となった。さらに同七年ころ横山城を攻めたあと、城の大改造を行い明智にちなんで福知山と名づけ、後に福知山城となった。いまも福知山踊りには、光秀を偲ぶ歌がうたわれている。
銅像横の石板↓
上の地図で本丸にあたる場所には、現在「キーエンス」という企業の社屋があり、その敷地の一部に石碑が設けられています。光が反射して読みにくいのですが、この企業がここに社屋を建設する際に、坂本城本丸の遺構が見つかったことが記されています。下にその内容を転記します。
坂本城本丸跡

 坂本城は、元亀2年(1571年)織田信長による山門(延暦寺)焼き討ち後、明智光秀により東南寺川河口に築かれた水城としてよく知られている。
 天正14年(1536年)大津城築城までの間栄えた城であり。当地の発掘調査ではじめて、坂本城本丸の石垣や石組井戸・礎石建物等が発見された。

       大津市教育委員会
↓この石碑の道路向かいの少し北側で「明智塚」を発見! 個人宅の前庭のようである
明智塚

 この地は明智光秀の坂本城内であると推定されている 塚の由来に就いては坂本城落城の際に光秀の脇差名刀の郷義弘並宝器物を埋めた跡であり明智一族の墓所であると伝へられている明智族の悲運もあって鎮魂のため 毎年六月十五日祭記 地主○○
↓さらに西に延びる横道を辿ると、ここにも城跡碑が存在する。
立札が添えられていますが、字が半分位が消えかかっていて、読み取り不可能なのですが、どうやらこの辺りが「二の丸跡」のようです。
この辺りを歩いていると、色々坂本城に関係する物があるようで、蓮端寺の白壁の前でこんな石碑を発見!


横に刻まれた解説によりますと

 天正四、五年(1586、7)ころ、坂本城が廃されて大津へ移転。その跡地の堀を埋めて北国へ通じる大道(だいどう)をつくったことからきた町名と伝えられます。なお、この町は南北二町から成って○○○○(読み取り不可)この道は江戸時代、西近江路(にしおうみじ・北国街道)として交通の要路でした。
城跡公園の解説板に出ていた旧坂本城の城門が、移築されているという聖衆来迎寺に立ち寄り、旧坂本城・城門を確認してきました。
坂本城跡(地図のマークは「二の丸跡」・石碑の場所)
「本丸跡」の石碑はキーエンス社の表(道路側)
「明智塚」はキーエンス社の道路向かい北側
都市公園湖岸緑地内に「城跡碑」・「解説板」・「光秀像」がある
聖衆来迎寺はキーエンス前の道路を北に約1.4km先にある
メニューに戻る