雪の鯖街道「瓜割の滝」から「熊川宿」へ

 2012年1月26日

 吹田市の、ある写真同好会が主催するバスツアー(知内浜・瓜割の滝・熊川宿)に特別参加者として同行させていただきました。

 雪が降りしきる中、バスは琵琶湖の西側道路を走ります。
 途中、除雪作業などの影響による渋滞に巻き込まれるなどして、予定より45分ほど遅れて「知内浜」に到着です。
 地内浜(マキノサニービーチ)

 ここは去年の春に「海津大崎の桜」を見に行った時に立ち寄った所ですが、大雪のためすっかり様子が変っていました。
 本来ならここで雪の海津大崎や竹生島の写真を撮る予定となっていましたが、大雪のため何も見えません。湖岸の雪化粧して様々な姿を見せる木々を撮っただけで退散です。
 さて昼食は鯖街道(若狭街道)沿いにある「かみなか亭」で焼鯖寿司定食(1,050円)です。
 腹ペコでしたので、ペロリとたいらげてしまい、写真を撮るのを忘れていましたので、店頭見本で間に合わせです。本物は左側の小鉢に煮物、右側のおわんは味噌汁、ガラスの器にはデザート(わらび餅)が入っていました。
 昼食を済ませた後は、同じ鯖街道の天徳寺奥に在る「瓜割の滝」を目指します。
 積雪が深くて歩行困難の可能性もありましたが、大木に被われているためか、意外と積雪量が少なく、運よくこの時は降雪量も少なくなり、あまり無理をすることなく滝が望める所に到達できました。
 瓜割の滝

 この滝は、岩間から湧き出た名水が流れ落ちる小さな滝の集合体で、水温は年間を通じて13℃以下に保たれており、夏場の暑い時に瓜を冷やすと、あまりの冷たさに瓜が割れる、との言伝えからこの名が付いたそうです。
 なお水が流れる岩場は少し赤いのは、この温度で発生する赤藻だそうです。
瓜割の滝

所在地 福井県三方上中郡若狭町天徳寺38-3

交通  JR小浜線「上中駅」下車徒歩約15分

見物  立入り自由
 
 熊川宿(西口公園側入口))

 熊川宿は若狭と京都を結ぶ中継地点であり、天正17(1589)年に、当時の小浜城主であった浅野長政が若狭街道(鯖街道)の宿場町として整備したものである。
 車社会となり広い道路が要求され、古い道路が拡幅される場合もありますが、幸いにしてこの宿の区間は別のルートとなったため、再開発されることなく古い町並みが残されています。平成8(1996)年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
前日まで雪は無かったそうです
 まがり

 下ノ町と中ノ町との境は矩折れ(かねおれ)になっており、熊川では「まがり」と呼ばれている。これは城下町構成(敵の突進を防ぐ)と言ってもよいものである。 これより西側を下新町と呼ぶことから、町並みはここから西側へ伸びていったと考えられます。
 旧・問屋 倉見屋(くらみや)

 萩野家は屋号を「くらみや」といい、荷物の運送などを営み、宿場町のはたらきの中心となった問屋のうちの一軒である。
 本屋土蔵、それをつなぐ付属屋という問屋敷の形式を残しており、熊川では最も古い文化8(1811)年の建築物である。近世古文書などを保存している。
 御蔵道(おくらみち)

 江戸時代の初期、小浜から熊川までは陸路のほかに北川を川舟で荷物の運送をしていた時期がある。
 この路地の奥の舟着場から現在の松木神社の境内にあった蔵屋敷までの、重要な道路となっていたため、御蔵道の名がつけられた。
 白石神社(しらいしじんじゃ)

 熊川地区の氏神であり旧指定村社で、祭神は彦火々出見尊、白髭明神、小浜藩主酒井忠勝公、山の神が合祀されているということです。毎年5月3日に祭礼が行われ、山車が巡行します。
 旧問屋・菱屋

 勢馬(せいま)家は屋号を「ひしや」といい、数軒の問屋、脇問屋と共に街道の繁栄を支えた旧家。広い家屋敷にその面影を残す。最盛期には年間二十万駄の荷揚げの荷継ぎ場として、その問屋場に馬借背受人が群がったという。また宿場町役人として藩の御用や町の自治にも貢献した。
 宿場館(若狭鯖街道資料館)

 昭和15(1940)年築の旧熊川村役場で、平成10(1998)年に資料館として生まれ変った。

開館時間 9:00~17:00(4月~10月)
       9:00~16:00(11月~3月)
入館料 高校生以上200円
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
 TEL  0770-62-0330
 旧逸見勘兵衛家(町指定文化財)

 旧逸見家は伊藤忠商事の社長になった伊藤竹之助の生家で、熊川を代表する町屋のひとつである。平成7(1995)年に町の指定文化財となり、その後二ヶ年をかけて修理が行われ、熊川の新しく快適な居住のあり様を提示すべくモデルハウスとして生まれ変った。
 熊川番所

 若狭と近江の国境に位置し、かって「入り鉄砲に出女」の統制と物資への課税が行われていました。全国でも宿場内に残る復元された番所として貴重な歴史的建造物です。

開館時間 10:00~16:00(冬季は変更あり)
開館日 月・.木・土・日・祝日(変更あり)
入場料 高校生以上100円
TEL 0770-62-0800
 道の駅「若狭熊川宿」


路線名 国道303号線
所在地 福井県三方上中郡若桜町熊川
TEL   0770-62-9111
開館時間 10:00~18:30
休館日 毎週木曜日 12/30~1/3
      レストラン・売店は休みですが
      駐車場・トイレ・自販機は使用可

メニューに戻る