京都・立本寺の蓮花

立本寺(りゅうほんじ)は、京都府京都市上京区にある日蓮宗の本山で、日蓮聖人の孫弟子にあたる日像上人が暦応4(1341)年、四条の櫛笥に妙顯寺を建立するが叡山僧兵によって破却され、明徳4(1393)年、日実上人がその地に再建、「本寺を立てる」という意味を込め「立本寺」と改名した。しかし天文5(1536)年、再び僧兵によって破却され、いち早く再興されたものの、文禄3(1594)年、秀吉の命で京極今出川(寺町今出川)に移転。広大な寺域を得たが、宝永5(1708)年の大火で焼失し現在地に移転、現在に至る.。
その立本寺の本堂前には、蓮鉢が約80置かれており、外国から取り寄せた蓮などを含めた80品種の蓮が、早咲き種から遅咲き種へと順次咲いていきます。
この日咲いていたのは8品種ですが、UPに耐えられないものを除き、蕾などを加えた9品種を次に紹介します。(写真クリックで大きな写真(800×533)を表示します)
  
Rosea Plena 静香 浄台蓮
白万々蓮 ベトナム蓮
秋水長天 孫夫人 仲哀陵蓮
訪問日 2011年7月15日
立本寺(りゅうほんじ)
所在地 京都市上京区七本松通仁和寺街道上る1番町107
TEL 075-461-6516
蓮拝観 無料(蓮鉢は通行自由区域にあり)
交通 京都電鉄北野線「北野白梅町」下車徒歩15分 / JR京都駅から市バス206系統「千本中立売」下車徒歩10分

メニューに戻る