坂本龍馬の足跡をたどり京を行く


坂本龍馬(天保6(1836)年11月15日〜慶応3(1867)年11月15日)は、土佐郷士に生まれ、脱藩した後は志士として活動し、大政奉還の成立に尺力するなど、倒幕および明治維新に影響を与え、日本の近世末期に活動した武士である。惜しくも戊辰戦争の直前に京都の近江屋で暗殺され、わずか31才(満)の命を終えました。そんな龍馬の京都での足跡をたどってみました。

 
寺田屋跡&坂本龍馬像(寺田屋敷地内)
龍馬が伏見区の寺田屋を定宿とするようになったのは慶応元(1865)年夏頃とのこと。そして翌年に伏見奉行所の捕方に襲われるが難を逃れた。
庭の一角には龍馬像と共に龍馬代表作の歌「世の人は われを何とも 云わばいへ わがなすことは 我のみぞ知る」が紹介されている。
(最近の調査で、現在の寺田屋は時代考証に基づいて復元された建物と判明しました)
寺田屋 TEL 075-622-0243

所在地:伏見区南浜町

見学 10:00〜15:40 月曜不定休

大人 400円 中高大学生 300円

小学生 200円
 
薩摩島津伏見屋敷跡碑
薩長同盟成立の重要人物として、寺田屋で襲われ負傷した龍馬は、薩摩伏見留守居役・大山彦八に救出され、薩摩島津伏見屋敷に避難した。

(現在は松山酒造の敷地となっている)

所在地:伏見区東堺町

土佐藩邸跡碑
1863年冬、龍馬は勝海舟の取り成しで脱藩を許されたが、罰として7日間。土佐藩邸に軟禁された。

藩邸は、高倉了以・父子が築いた運河・高瀬川沿いの広大な敷地に建っていたそうです。
所在地:中京区木屋町通蛸薬師

(碑は、旧・立誠小学校舎の運河を挟んだ向かい側にある)
 
酢屋(海援隊京都本部)&坂本龍馬寓居之跡碑
創業289年の酢屋は、子孫にて代々継承し同じ場所で趣もそのままで材木業を商う。龍馬は二階を海援隊の京都本部として使用していたそうだ。

取材地:中京区河原町三条下ル

1階 創作木工芸 酢屋 11:00〜19:30
2階 ギャラリー龍馬 11:00〜17:00 500円(中学生以下無料)
 
坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之碑、近江屋跡
龍馬は酢屋が幕府に目をつけられたため、土佐藩御用商人・近江屋に潜入する。
慶応3(1667)年11月15日、近江屋の二階で見廻り組の襲撃を受け、斬られて没する。(中岡慎太郎は17日に没)

所在地:中京区河原町通蛸薬師

(近江屋跡は現在コンビニです)

円山公園


所在地:東山区円山町・鷲尾町
円山公園の一角に立つ龍馬と中岡慎太郎の銅像。坂本龍馬像は直立し、中岡慎太郎は左手に刀を握って片ひざをつき、ともにまっすぐ前を見すえている。京都高知県人会の有志による建立。

京都霊山護国神社&霊山墓地(坂本龍馬之墓)
明治元(1868)年5月に、明治維新の実現のために倒れた武士たちの霊を慰めるために創建された神社。

紅葉を眺めながら階段を上ると展望台のような所に到着。ここからの眺めがすばらしい。
展望所のすぐそばに坂本龍馬と中岡慎太郎の墓と銅像がある。

所在地:東山区清閑寺霊山町

入墓料 大人300円 小中学生 200円
入墓時間   9:00〜17:00
訪問日 2010年11月25・27日
 

メニューに戻る