龍安寺の紅葉2005

大雲山龍安寺 徳大寺家の別荘だったものを宝徳2(1450)年、菅領細川勝元が譲り受けて寺地とし、妙心寺の義天玄承を開山として創建されたものである。応仁の乱に焼失して、長享2(1488)年、勝元の子・政元が再興したが、寛政9(1799)年に火災で方丈・仏殿・開山堂などを失った。現在の方丈は、そのとき西源院の方丈を移築したものであり、その前庭は枯山水の石庭として著名である。
その龍安寺の南側に広がる鏡容池は徳大寺家によって築かれたもので、かってはおしどりが群れ遊んだところから「おしどり池」と呼ばれた。石庭鑑賞後のひとめぐりも、何がなしほっと心が和みます。
紅葉の龍安寺 → 入口

メニューに戻る