OSAKA光のルネサンス2008

OSAKA光のルネサンス2008が12月13日から本格的に開始されました。今年から中之島西部地区の大阪市立科学館北側に「ウエストライトパーク」が設けられ、巨大なスノーマンが出迎えてくれます。 
「ウエストライトパーク」のメインは、鳥取の「砂の美術館」から出展された砂の彫刻のライトアップです。→
大阪芸術大学グループによる光のアート「源氏物語幻影〜そして物語は光になった」。

源氏物語の登場人物を学生達が現代風にアレンジした作品。
会場内には天然アロマのポットが並び、優しい香りと色とりどりの美しい光に包まれます。

その他、会場内には光の先進都市フランス・シャルトル市にちなんだイベント、世界のグルメが味わえるフードパーク、音楽ライブやパフォーマンスが見られる特設ステージ、などがあります。 12月25日(木)迄
大阪市庁舎近辺のメイン会場に向かう途中、フェスティバルホールの壁面ライトアップ錦橋のライトアップを目にしました。フェスティバルホールのある新朝日ビルディングが、2009年から解体工事を実施し、2013年に高層ビルとして新築する計画があるそうで、このイルミネーションが最初で最後となりそうです。フェスのイルミは12月25日(木)まで、錦橋のライトアップは年を越しても行われます。
こちらは「光のルネサンス」とは違う催しであり、橋下知事が掲げる「大阪ミュージアム構想」の一環として、錦橋と共に12月13日から始まった「水の回廊ライトアップ」である。中之島の堂島川に直接、光を当てて水面を照らし出す世界初の街河灯(がいこうとう)を使用、オレンジ色の光が川面を彩っっている。この催しは年を越しても続きます。
リバーライトカーテン

栴檀木橋西側の土佐堀川がスポットライトで照らされ、船が通るたびに波打つ水面が光のカーテンのようです。12/25迄
ザ・ワールド リンキングツリー2008

ノルウェーから「愛と平和と友好のシンボル」として贈られた巨大ツリーが市庁舎前で輝いています。高さは約13メートル、約6000個の電球を使用しているそうです。 12/25迄
中之島イルミネーションストリート 大阪市庁舎南側の「みおつくしプロムナード」並ぶ41本のケヤキの木が、LEDや赤緑球などで飾られた美しい光の回廊。25日迄は音楽に合わせて木々のイルミネーションがいろいろな色に変化する「光と音楽のシンクロショー」が30分毎に行われています。
ウオールタペストリー

中之島図書館の正面入口の壁面をスクリーンにして、音楽と光のショーが繰り広げられます。
平日は20:00・20:30 土日祝は19:00から20:30まで30分ごとに行われます。12/25迄 

前回(2005年)訪れた時はスライド投射でしたが、今回は動画になっていました。シャボン玉が飛び交うシーンでは、本当のシャボン玉が飛んできてビックリ。

淀屋橋WEST

淀屋橋の南西エリアにあるビルや店舗が約15万球のLEDの光に包まれます。自分であちこち歩きまわって、お気に入りのイルミネーションを探そう。
御堂筋のイルミネーション これも橋下知事の「大阪ミュージアム構想」の一環として始まりました。御堂筋の大阪ガスビルディング前のイチョウの木・22本に、黄・ピンク・青色の約10万個のLEDで飾りつけたもの。この催しは来年2月28日迄行われます。     主撮影 2008年12月17日

メニューへ戻る