廬山寺(ろざんじ)桔梗

廬山寺は天台系圓浄宗(えんじょうしゅう)の大本山で、正しくは廬山天台講寺(てんだいこうじ)という。
比叡山第十八世座主、元三大師良源(がんざんたいしりょうげん)によって天慶(てんきょう)元(938)年に京都の北、船岡山の麓に創建された與願金剛院(よがんこんごういん)に始まる。
寛元
(かんげん)
3(1245)年、法然上人の門下・住心房覚瑜(じゅうしんほうかくゆ)上人が出雲路に廬山寺を開き、このニヵ寺を兼務した明導照源(みょうどうしょうげん)上人(1368年)によって廬山寺を與願金剛院に統合し、(円・浄土・戒・密)の四宗兼学寺院となった。
天正(てんしょう)元(1788)年に現在地である紫式部邸宅跡地に移転する。この地は紫式部が「源氏物語」「紫式部日記」などの大部分を執筆した場所である。
毎年2月3日の節分会には「鬼の法楽」と呼ばれる、悪疫退散を祈願する行事が行われることでも知られていますが、この本堂奥の庭は「源氏の庭」と呼ばれる、平安朝の「感」を表現した白砂と苔の庭で、紫の桔梗が6〜9月末まで静かに花開きます。
縁側の南側から北東方向を望む 縁側の北側から南東方向を望む
縁側の北側から東北東方向 縁側の南側から東南東方向
庭園内への立入りは禁止されています。
写真を撮るには、ある程度の望遠レンズが必要です。
まだ7月だというのに、なんだか秋の気配が漂います。
訪問日 2011年7月6日
廬山寺
所在地 京都市上京区寺町通広小路
北之辺町397
TEL 075-231-0355
拝観時間 9:00〜16:00
拝観料 大人500円 小人400円
休観日 1/1 ・ 2/1〜2/11 ・ 12/31
交通 JR京都駅から4・17・205系統で
府立医大前下車 徒歩3分
駐車場 有 10台 無料

メニューに戻る