大阪レトロ建物のライトアップ


「OSAKA光のルネサンス2010」たけなわの12月末、大阪市庁舎の正面に飾られた純白の馬車にカメラが集中する中、ただ一人背を向けて市庁舎の真向かいに建つ古い銀行建物を撮っている奴がいましたが、それが私です。大阪の中之島や北浜あたりには、歴史的な建物がいくつか建ち並び、常時ライトアップされている建物や、「光のルネサンス」に合わせてライトアップされている建物などが点在します。以下に夜の大阪で闇に浮かぶレトロな建物を、いくつかを紹介します。
 
日本銀行大阪支店

(大阪市北区中之島2-1)


明治36(1903)年に辰野金吾氏などの設計で建設されたレンガと石造りの美しい洋風建築物。

この地は明治初期に関西財界の指導者・五代友厚氏の別邸となっていたところ。そこにベルギー国立銀行をモデルとしてた建てられたそうです。
 
大阪市中央公会堂

(大阪市北区中之島1-29)

大正7(1918)年に辰野片岡建築事務所の設計により建設された国指定重要文化財の建物。

株の暴騰で莫大な利益を得た岩本栄之助は、渡米時にアメリカの富豪家達が公共事業に寄付しているのを見聞きし感動を受け、それを見習った。彼が寄付した百万円は現在なら数十億円に相当するそうです。

「OSAKA光のルネサンス2010」の催しとして正面の壁面に鮮やかな色彩模様を投射していたが、赤レンガ建物は単純な照明の方が美しいと思います。

芝川ビル

(大阪市中央区伏見町3-3)

昭和2(1927)年に渋谷五郎氏の設計による国登録有形文化財の建物。

マヤ文明の装飾をほどこしたビル。ビルを建てた芝川家は、江戸時代にはこの場所で唐物問屋を営む。昭和7年から10年間は「芝蘭社家政学園」という花嫁学校だったそうです。1945年の空襲で焼夷弾を被弾したとの事ですが、今はきれいに修復されています。
 
大阪証券取引所:旧市場館

 (大阪市中央区北浜1-8 )
 
昭和10(1935)年に長谷部・竹腰建築事務所の設計で建設された建物。

昨今のIT改革による、証券取引の形態変化に対応するため、事業者はこの建物の建替えを選択されましたが、歴史的景観的価値の継承との観点から、円筒形の外壁および内壁の一部については当初のまま保存されました。2004年11月に工事囲い塀が撤去され、以前の北浜の景観に戻りました。
 
北浜レトロビルヂング

(大阪市中央区北浜1-1-27)

明治45(1912)年に建てられた国登録有形文化財の建物。

近代的なビルに挟まれぽつんと建つ姿に、思わず立ち止まってしまう建物。紅茶通の間では有名な店だそうです。
 
新井ビル

(大阪市中央区今橋2-1-1)

大正11(1922)年に河合浩蔵氏の設計による国登録有形文化財の建物。

「旧報徳銀行大阪支店」として建てられ、1・2階は銀行、3・4階は貸事務所として使用されていたとの事。

現在1階はレストランとなっています。
 
青山ビル

(大阪市中央区伏見町2-2-6)

大正14(1925)年に大林組の設計による国登録有形文化財の建物。

かって天満橋にあった、高級レストラン「野田屋」の経営者、野田源次郎の居宅として建てられたもので、現在1階は丸福コーヒー店が入居。

蔦で覆われた壁面が特徴のビルですが、夜間は残念ながら蔦が見えません。その代りとして赤・青・黄などのLEDが設けられています。ビルの窓から漏れるステンドグラスの光もきれいです。
 
伏見ビル

(大阪市中央区伏見町2-2-3)

大正12(1923)年に建設された国登録有形文化財の建物。

初めは小さなホテルとして建設されたそうですが、ホテルとしてはうまく行かず、レンタルビルとして生き残っています。
 
生駒ビルヂング

(大阪市中央区平野町2-2-12)

昭和5(1930)年に宗建築事務所の設計で建設された国登録有形文化財の建物。

創業明治4年の生駒時計店のビル。堺筋側の時計塔が特徴。2階の窓のステンドグラス?の美しさは夜でないと分かりません。
 
メニューへ戻る