高槻市三島江:レンゲの里

大阪府茨木市の隣、高槻市でレンゲが見頃を迎えた事を知り出かけました。
   
高槻の春の風物詩として親しまれているこの畑は、地元農家や愛好家などで組織する「高槻レンゲ振興会」の会長・吉川さんが「子供達を昔のように花畑で遊ばせたい」と考えて昭和57(1982)年に田んぼにレンゲの種をまいたのがきっかけとなり、今は16ヘクタールもの広さを誇るレンゲ畑となりました。
 
   
 菜の花が隅っこに少しだけ植えられていますが、もっと接近させて数を増やしてほしいと思う。
   
 小さな花をマクロレンズで撮ってみました。
   
 花弁にはこんな模様があります。  蜜を求めてミツバチがやってきました。
 
 レンゲに取り囲まれて食べるお弁当は、さぞ旨かろう。  撮影2008年4月21日
 高槻三島江:レンゲの里
所在地=大阪府高槻市三島江3ー24他 地図   開放期間=4月30日まで
交通=JR高槻駅or阪急高槻市駅北側から高槻市営バス:桂本団地行き、三島江南口下車
  私は弁当を持参しませんでしたので、近くの西面(さいめ)交差点角で「さぬきうどん:いなだ」という食堂を見つけ、写真のチラシセット(¥800)を食べましたが結構おいしかったです。定休日=火曜日。日曜・祝日は一部のランチが提供出来ないそうです。

メニューに戻る