万博公園・夏の花八景

(旧・ラベンダーの谷)

万博公園のラベンダーは2010年夏の猛暑で枯れてしまいましたが、1012年7月5日、その跡地に「夏の花八景」が誕生しました。

1景から8景に分けられた各ゾーンを、色々な夏の花を見ながら巡る施設です。
一の景・誘いの道
八景の導入部で左右の木製柵にそって、ヘメロカリス・コバノランタナ・ヒルザキツキミソウ・ベロニカ ロンギフォリアなどが植えられています。
二の景・花合の道
通路の左右に、アガパンサス・ヘメロカリス・ブッドレア・はつゆきカズラなど整然と並ぶ。
三の景・木陰テラス
木陰のベンチから、さまざまに変化する花の重なりを楽しめる。
サルビア ミクロフィラ・アベリア ホープレイズ・ガウラなど。
四の景・花の辻
色鮮やかな花の合流点。
宿根ホリホック・シルバープリペット・宿根フロックスなど。
五の景・おひさま広場
太陽に向かって大きく開く花、ムクゲ・アメリカフヨウなどが植えられています。
六の景・藤棚テラス
藤棚の涼しい木陰から、フイリツルニチソウ・ギボウシなどの花をお楽しみください。

(今のところ花は咲いていません)
七の景・夏風テラス
「八景」全体を一望できるテラスで、オミナエシ・パンパスグラスなどが楽しめる。
八の景・夏空テラス
木陰のベンチからみあげると、花景色の向こうに大きな夏空がひろがります。

リュウキュウアサガオ・タカノハススキなど。
訪問日 2012年7月5・7日
万博公園・夏の花八景
所在地 東の広場の南側(旧ラベンダーの谷)
左の地図のマーカーは「夏の花八景」の場所を示しています

メニューに戻る