豪華客船 クイーン・メリー2世号

2012年3月18日

大阪港に豪華客船が停泊中ということで,I 氏達に誘われ小雨が降りしきる中、海遊館がある天保山マーケットプレースの近くまでやってきました。
観覧車の奥が何か様子が違います、どデカいマンションが建っているように見えますが、これがイギリス船籍のクルーズ客船「クイーン・メリー2世号」の一部なのです。
なぜか飛行船も飛んでいます
大きすぎて全てが入りません かなり離れた所で、やっと全体が入りました
クイーン・メリー2世号
総トン数  151,400t
就航年  2004年
乗客定員  2640名
全長  345メートル
全幅  39.9メートル
救命ボートがずらり 船尾
全長345mの船体は埠頭を独り占め
後部上方に人影が見えます 救命ボートもかなりデカい
乗組員達が愛嬌を振りまいていました 右舷の監視室?
ここで I 氏から、「この観覧車に乗って上から船上を見よう」との提案がありました。
そういえば以前、彼と一緒に神戸港に飛鳥Uを見に行った時も、男2人で観覧車に乗った事を思い出しましが、今回は男3人で乗り込みます。
高さ112.5m・直径100mの世界最大級といわれる観覧車のキャビンは8人乗りで広々しており、約15分かけて一周しますので、なかなか乗り応えがあります。(料金:700円)
観覧車上方から船尾方向を望む 中程から船首寄り付近の広々とした空間
船首側にはプールとテニスコート?がある 海遊館の屋上も望めます
観覧車の上から小さな船が見えます。右側の小屋の壁面には「天保山渡船場」と記されています。誰云うとなく「あれに乗って撮ればクルーズ船全体を真横から写せるかも・・・・」となり、渡船場に駆けつけます。
こんな所に昔ながらの渡し船が残っていたとは驚きです。なるほど、この辺りには対岸の桜島方面に行くにも人道の橋がありませんので、今でも渡し船が運行されているようです。自転車もOKで料金は無料です。
渡船のお蔭で観覧車との2ショットも撮れましたし、船着場が丁度クルーズ船の対岸にありましたので、船を下りると真正面に「クイーン・メリー2」を望めます。
なお「クイーン・メリー2」は2012年3月18日の早朝に入港し、その日の夜に出航しました。
海遊館
この後、せっかくだからと海遊館に入りましたが、大変な数の入館者です。最上階まで上るエスカレータで入場制限をしていたので、海中トンネル?はぎゅうぎゅう詰めの状態で写真など撮れたものではありません。この日は、日曜日ということと「クイン・メリー2」の見物客に加えて隣の「天保山特設ギャラリー」で開催されている「ツタンカーメン展」の客もが、ついでに・・・・・と立ち寄ったことが原因のようです。とりあえず混雑する館内で撮った写真を少しばかり紹介します。
「ぬいぐるみ」ではありません 「いか」が旨そう
「エイ」とにらめっこ
マンタ

メニューに戻る