ピーナツ栽培記録

10月19日 9月21日 8月20日 8月11日 8月1日 7月24日
7月17日 7月5日 6月22日 6月18日 6月15日 6月10日

我が家に毎月一度、お参りに来ていただいている寺院の住職さんが、家庭菜園でピーナツを栽培されていることを知りました。ピーナツの実は地中から掘り出すとは聞いていましたが、実際にどういう過程を経て実が出来るのかはよく知りませんでした.。彼からピーナツ独特の成長過程を聞いている内に、自分でも育ててみたくなり、種を分けていただいて栽培を開始しました。

2010年6月10日 (種植え)
本来は5月末頃が良いそうですが、今年はいつまでも気温が上がらず、少し遅めに植えました。土を6cm程掘り、種を横向きに置き土をかぶせ、鳥などに食べられないよう、土を少し盛っておくとよいそうです。

このページのトップに戻る

2010年6月15日
地割れが確認できました。もうすぐ芽がでるぞ!

その後、雨が降って地割れが消滅していましたが・・・・・

2010年6月18日
出ました!

可愛いい双葉の芽が出るかと思っていましたが、いきなり本葉が出てきてビックリ。

2010年6月22日
他に植えた4本の木と共に順調に育っています。
このページのトップに戻る

2010年7月5日
種を植えてから25日で背丈が約30cmとなりました。

この場所は掘り込みガレージの上ですので、あまり土が深く入っていません。
これから夏本番ともなると頻繁な水やりが必要です。

このページのトップに戻る

2010年7月17日
しばらく雨もようの日々が続き、大雨に打たれたり強風にさらされたりで、株もあまり大きくなっていません。花が咲くのは、まだまだ先きだろうと思っていましたが、久しぶりの青空の下で黄色い花をつけていました。

花の大きさは、横幅が約2cm弱の小さな花です。

咲いていたのは、5株ある内の2株のみで、他の株も蕾が見られますので、次々と咲いてくるものと思われます。
ピーナツの花が開いているのは朝だけで、午後には萎んでしまいます。

このページのトップに戻る

2010年7月24日
花は次々と開花し約1ヶ月間咲き続けるそうで、萎んだ花が沢山ぶら下がっています。             
 
よく見ると,、花が枯れた跡から変な物が伸びてきています。この「ごぼう」のような物体は「子房柄(しぼうへい)」と呼ばれるものです。右側は出てきたばかりの「子房柄」です。→
この「子房柄」の直径は1.5mm位の細いものですので、あまり目に付きません。他の株を探すと数日前に出たと思われる「子房柄」が見つかりました。→

これがどんどん伸びて地面に達すると、とがった先端部から地中に入り込み、地下2〜3cm位の所で定着します。そしてその先端部が膨れて「さや」となり、その中でピーナツが誕生するそうです。

このページのトップに戻る

2010年8月1日
「子房柄」がどんどん伸びて地表に近づいています.。
すでに、地中に入り込んだ「子房柄」も見られます。→

新葉が害虫にやられて株の茂りが今ひとつですが、農薬は一切使わないことにしていますので、この先が一寸心配です。

このページのトップに戻る

2010年8月11日
数日前の強烈な雨に打たれ、ほとんどの枝が倒れてしまい、子房柄が畝からはみ出す状態となりましたので、支柱を立てビニタイで引っ張り上げました。

ところがこれがダメだったようで、前日に訪れた寺院の住職さんが、これを見るなり「こんな事したらあかん!」と一喝。

なんでも、高い場所の子房柄を早く地面に到達させるために自ら枝を倒すそうで、「雨に打たれなくとも自然に倒れますよ・・・・・」との事。
急いでビニタイと支柱を取り外しましたが大幅に枝が畝からはみ出しますので、ホームセンターで「野菜の培養土」を買ってきて畝幅を広げました。今の所、枝の先端辺りから子房柄は出ていませんが、場合によっては、さらに土を追加する必要があるかも知れません。

このページのトップに戻る
 
2010年8月20日
子房柄が地中に入り込んでしまうとピーナツの成長具合が分かりません。子房柄の先端が膨らんで「さや」が出来る過程を写真に撮りたいと思っていましたので、透明のプラスチック製容器などで栽培するなどの考えが思い浮かびましたが、「さや」は暗黒の世界でしか成長しないそうですので断念しました。
ここで鉢植えの株が登場します。畝に植えた種が全て発芽するとはかぎりませんので、予備として植木鉢に一粒種を植えたものです。幸い畝の種が全て芽を出しましたので不要となりましたが、今まで水遣りを続けてきたものです。この株を土をつけたまま引っこ抜き、「さや」がある辺りの土を少し落として写真を撮ることにしましたが・・・・・・・
鉢から株を抜く時こ意外と土が柔らかだったのと、根の張り具合がイマイチだったようで見事に失敗、株が丸裸となってしまいました。しかし、逆にそれが良かったようで、なんと!ピーナツの格好をした「さや」がすでに出来上がっており、子房柄の先端が少し膨れてだんだん大きくなる様子が一目で見て取れます。一度掘り起こしてしまうと後々の成長が懸念されますが、写真を撮ったあとは又もとの鉢に植え戻しておきました。

このページのトップに戻る
 
2010年9月21日
子房柄の先端の膨らみを確認してから約1ヶ月が過ぎました。その後も次々と花が咲き続け、猛暑が終わってから、ぴたっと開花が止まりました。倒れている枝先を見てみると、沢山の子房柄が地面に届かず宙ぶらりんとなっています。かなりの畝幅が必要だったことが、今になって分かりましたが、あとの祭りです。
ところで、地中のピーナツが現在どうなっているのかを、例の鉢植分で確認する事にしました。
ひと月前と比べると、すっかっり一人前のピーナツに成長しています。ただ、まだ上方などに成長途上の幼いのがいくつか存在しましたので、収穫はもう少し後にすることにして、再び鉢に戻してやりました。

このページのトップに戻る

2010年10月19日
いよいよ収穫です。

端の方から抜いていきましたが、両端の出来が悪く、どちらも15個位しか「さや」付いていません。出来が良かったのが真中の株で、大小合わせて50個程の「さや」が付いていました。これは、枝がうまく畝に沿って倒れたためと思われますが、いずれにしましても、今回は畝幅が足りなかったようで、最低でも70cm位が必要のようです。

抜いた株は、とりあえず根を上にして「さや」を振って「カラカラ」と音がするようになるまで天日で乾燥です。
乾燥終了後、虫食いなど出来の悪い「さや」を取り除いた残りが75個。普通は一株から30個位は採れるそうですので、5本で75は失敗と云えるでしょう。これもピーナツが地面に這いつくばって育つという事を知らなかったため、畝幅が狭すぎた事と、わざわざ支柱を立てて枝を引っ張り上げた事に起因するものと思われます。

このページのトップに戻る


メニューへ戻る