京都・乙訓寺の牡丹 

京都府長岡京市にある乙訓寺(おとくにでら)の創立は古く、今を遡ること七世紀頃、寺伝によると推古天皇勅願による聖徳太子創建となっているそうだ。牡丹が咲き誇る以前の寺は、表門から本堂まで続く松の並木が美しいことで有名だったそうである。
それが昭和九年の室戸台風で、そのほとんどが倒木し、それを御覧になった長谷寺第六十八世能化(住職)海雲全教和上が本尊への供花、荘厳花として、また同時に参拝者にしばしの安らぎをと念じられ、多年ご愛育の牡丹のうち二株を寄進されたのが、この寺の牡丹の始まりだそうです。
その後、乙訓寺住職らの尺力により、株数も年を追って増加し、今では約二千株の花が美しく境内を彩っています。
石塔前
本堂前
鐘楼前 毘沙門堂前
乙訓寺の牡丹まつり
期間 2015年4月19日〜5月6日
所在地 京都府長岡京市今里三丁目14-7
TEL 075-951-5759
入山時間 08:00〜17:00(閉門)
入山料 大人(高校生以上)500円
小人(中学生以下)無料
交通 阪急京都線・長岡天神から約1km
駐車場 有 10台 500円
メニューに戻る