愛宕念仏寺の1200羅漢
(おたぎねんぶつじの1200らかん)

2006年10月25日、島根県に住む女房の従弟が、京都・嵯峨野の愛宕念仏寺に行くので、どかで落ち合おうと連絡してきたそうだ。それを聞いた私は「念仏寺は化野やで」と思ったが、女房いわく「化野念仏寺よりまだ北に愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)という寺があって、境内には1200躰の羅漢が存在し、彼は油絵を描くために実物を見たいそうだ」との事。私は京都の近くに住んでいるが、今迄そんなお寺の名前は聞いたことがない。事実を確かめるべく、女房共々彼とその寺に同行することとなった。
阪急嵐山駅で従弟と落合い、渡月橋を渡り京福電鉄嵐山駅前で清滝行きのバスにのり、愛宕寺前で降りると左手にその寺はあった。稱徳(しょうとく)天皇(764〜770)の開基により、山城国愛宕郡に愛宕寺(おたぎじ)として建立された寺との事。平安朝の初めには、真言宗教王護国寺(東寺)に属していましたが、鴨川の洪水により堂宇が流失したため、天台宗の僧・千観内供(せんかんないぐ)によって再興されました。そして、天台宗比叡山の末寺・等覚山愛宕院(とうかくざんおたぎいん)と号されていましたが、千観が常に念仏を唱えていたので、いつの日からか、この寺のことを愛宕念仏寺と称するようになったそうである。
昭和30(1956)年、西村公朝氏がこの寺の住職となり、京都一の荒れ寺を今日の大復興へと導く。
氏は昭和25(1950)年の台風で破損した仁王門
の解体復元修理を昭和56(1981)年に行い、こ
れを祈念して境内を羅漢の石像で充満させたい
と発願される。
十年後、その数は1200躰となり、平成3年11月
に「千二百羅漢落慶法要」が行われたそうです。
表情豊かに並ぶ羅漢さんが訪れる人々の心を
和ませてくれます。
なお、これらの羅漢さんは、1200人の一般の参
拝者が自らの手によって彫られたものだそうで
ある。
表情豊かな羅漢さんを、幾躰かピックアップし
てみました。


撮影 2006年10月25日
境内は紅葉の名所でもあるそうですし、化野念仏寺から歩いて10分位の所ですので、嵐山・嵯峨
野を訪れた時にはぜひ寄ってみて下さい。
 
愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

所在地:京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5 地図表示   TEL&FAX:075-865-1231
交通:京都バス清滝行=京都駅より72系統/京阪三条より62系統 愛宕(おたぎ)寺前下車
    両系統共、嵐山バス停(渡月橋北側東寄り)・京福嵐山駅前バス亭を経由しますので、
    阪急嵐山からは渡月橋を渡ってから62・72系統のバスに乗ってください。
拝観時間:8時〜17時  パンフレット代:300円
メニューへ戻る