城跡探訪・大塚城

天王寺公園

2014年8月6日

JR天王寺駅から天王寺公園内を通り(入園料150円が必要)茶臼山に向かいます。
茶臼山といえば、大坂の陣で徳川家康や真田幸村が陣を構えた所であるが、それ以前に城が築かれていたとの事ですので訪れてみました。
大阪市立美術館

天王寺公園内にある美術館である。以前、この場所には住友家の邸宅があったそうですが、大正10(1921)年に住友家の転居にともない、昭和元(1926)年に大阪市に寄付されました。この美術館は、その住友家の邸宅跡地に、昭和11(1936)年に建設されたものです。
慶沢園

もと住友家茶臼山本邸内の庭園で、京都の名庭園師・小川治兵衛の手により明治41(1908)年に着工し、大正7(1918)年に完成した。
大正10(1921)年に住友家の転居にともない、昭和元(1926)年に茶臼山一帯の土地が大阪市に寄付され、天王寺公園の一部となりました。
しかし、あべのハルカスが建設され、現在はこんな景観となっています。
美術館と慶沢園の北側には河底池が横たわり、その向こうに茶臼山が見えています。

ここで「大塚城」について「日本城郭体系12・新人物往来社刊」の記述を紹介します。

大塚城は古墳を利用した戦国時代の城の一つである。天文15(1546)年、細川晴元の家臣・山中又三郎が茶臼山古墳の後円部に城を築いて拠ったが、細川氏網に攻められ、まもなく落城した。
その後、慶長19(1614)年、大坂冬の陣に際し、徳川家康がここに本陣を構え、また、翌年夏の陣5月7日の決戦に際しては、豊臣方の真田幸村がここに着陣した。そのため、大坂の陣の「茶臼山砦」として知られている。


茶臼山に掛かる橋は、その昔「和気清麻呂」がこの辺りを開拓したことに因み、和気橋と名付けられています。

いよいよ橋を渡って茶臼山へと突入します。
←橋を渡りきった所に立つ「のぼり」には「大坂の陣400年」の文字が・・・・

大坂冬の陣が西暦1614年で今年が2014年だから・・・なるほど丁度節目の400年目である。








茶臼山・河底池の石碑 →

「のぼり」が立つ所から、少し上った平坦地に石碑が立つ。
石碑から少し離れて解説板と夏の布陣図が設置されています。
一心寺側は平地が広がっており、トイレや出口専用ゲートなどが設けられている。
茶臼山の頂上らしき所に上ってみたが、城跡らしき遺構などは全く見当たりませんし、城があったという事を証明する城跡碑などもありません。

本当にここが城跡?と疑いたくなりますが、大塚城は「諸国古城絵図」や「大坂冬の陣屏風」に茶臼山にある城として記されているそうです。
大塚城跡(天王寺公園内)
所在地 大阪市茶臼山町
TEL 06-6771-8401(公園事務所)
入園料 大人:150円 小中生:80円 
開園時間 09:00〜17:00
休日 毎月曜日(祝日の場合は翌平日)
交通 JR/地下鉄・天王寺駅から徒歩約10分
近鉄・阿部野橋駅から徒歩約12分
南海・恵比寿町駅から徒歩約8分
駐車場 あり(公園内:地下駐車場)

メニューに戻る