京都・大豊神社の椿

2013年3月22日

又々「哲学の道」の南側入口までやってきました。
今回は哲学の道沿いにある大豊神社(おおとよじんじゃ)を訪れます。
入口から約400mで「大豊橋」に着き、近くで咲き始めた桜をみながら
橋を渡ると、すぐに「大豊神社」の参道が目に入ります。

本来は椿が目的で訪れたのですが、緩やかな坂道を上っていくと、拝殿脇で咲く紅枝垂れ梅が出迎えてくれます。

大豊神社
この社は小彦名命(すくなひこなのみこと)・応神天皇・菅原道真を祀っている。社伝によると仁和3(887)年。宇多天皇の病気平癒のため、尚侍藤原淑子が勅命を奉じた勅願社であり、朝野の信仰が篤かった。建武の内乱・応仁の兵火などに遭って焼失したが、本殿・末社・拝殿・絵馬堂が再建され、南禅寺一帯の産土神として信仰を集めている。
特に末社の大国社の狛鼠、日吉社の狛猿、愛宕社の狛鳶は有名である。また神花として椿、枝垂れ梅。紫陽花や山野草が四季折々参拝者の心を和ませている。更に椿の名所としても知られている。
(京都市の案内板より)
狛鼠1 狛鼠2 狛鳶 狛猿
肝心の椿の花ですが、今冬の厳寒の影響で開花が遅れているのか、あまり目に留まりませんでした。咲いていても高木の上の方とかで、あまり写真に収めることが出来ませんでした。蕾を沢山つけた木が何本か存在しましたので、椿はこれからかも知れません。とりあえず本日咲いていた椿の花を少しばかり紹介します。
仙人(せんにん)↑ 不老門(ふろうもん)↑
綾部(あやべ)↑ 卜伴(ぼくはん)↑
輝国の春 ↑ 京錦(きょうにしき)↑
訪問日 2013年3月22日
大豊神社
所在地 京都市左京区鹿ヶ谷宮ノ前町
交通 バス停「東天王町」又は
「真如堂前」下車、徒歩5分
TEL 075-771-1351
境内 自由
駐車場 有 5台
トイレ 観光用有(洋式1台のみ)

メニューに戻る