え!大阪駅前で「青森ねぶた」?

2014年10月21日 夜の大阪駅界隈の写真でも撮ろうかと思い大阪駅にやってきました。
↑「大阪ステーションシティ」の11階から望む「ウエスティンホテル大阪」(左)と「新梅田シティ」(右)
↑左が「グランフロント大阪」・右が「大阪ステーションシティ」
↑「大阪ステーションシティ・南面」(左)と「阪急梅田ビル」(中央)
「ヒルトンプラザWEST」の下に何か舞台のようなものが出来、人だかりが出来ています。↑
これは「ハービスPLAZA ENT」と「「ヒルトンプラザWEST」の開業10周年を記念した企画のようで
「青森ねぶた」の実物が大阪で展示されるのは「国際・花と緑の博覧会」以来24年ぶりだそうです。
那智の滝「文覚と不動明王」と題されるこの「ねぶた」は実際に今年の「青森ねぶた」にて運行されたものだそうです。
↑那智の滝を龍に見立て、その龍と格闘している文覚を表現。
↑荒行する文覚の様子を見ている不動明王。
〜物語〜
平安の世、朝廷守護の北面の武士「遠藤武者盛遠(えんどうむしゃもりとお}は、美しい人妻「袈裟御前(けさごぜん)」に思いを寄せ、夫の渡辺渡を亡き者にしようと企てるが、袈裟は夫の身代わりとなって盛遠の刃に掛かってしまった。
盛遠は平清盛や北面の武士に追われ袈裟の生首を抱え、都を逃れる。
やがて南紀「那智の滝」に辿り着くが己の所業を恥じ滝に打たれて後悔するが命を落としてしまった。
その時不動明王が現れ盛遠を救う。盛遠はその後出家し名を「文覚」と改め、平治の乱で平清盛に敗れ伊豆に流されていた源頼朝に平氏打倒を促したという。 (舞台前に設置の解説板より転記)

この催しは2014年10月20日から11月3日まで行われています。
↑「ブリーゼブリーゼ」 ↑「ハービス広場]
メニューへ戻る