公開!大阪城の乾櫓

 2011年11月16日

 大阪城の乾櫓(いぬいやぐら)・重要文化財が5年ぶりに内部公開されていることを知り、又々大阪城公園までやってきました。
 乾櫓は大阪城の西北角に建ち、方位が「戌亥(いぬい)」にあることから、この名が付いたそうです。

 この日は青空の下、石垣を這う赤や黄色の蔦の紅葉に、思わず多くの写真を撮ってしまいました。
大手口から入城し多聞櫓をくぐると 目の前にきれいな紅葉が現れました
乾櫓は「西の丸庭園」内にあります 西の丸庭園内から望む大阪城天守閣
 これが、城内から見た乾櫓です。

 この櫓はL字形をしている上に、1階と2階がいずれも186.23平方メートルと同じ広さになっています。これは大阪城内の他の櫓にはみられない珍しい構造とのことで、窓は北面と西面を中心に26ヶ所、鉄砲狭間は16ヶ所(しっくいが塗りこまれていて外からは見えない)石落としは4ヶ所となっているそうです。
 この乾櫓は昭和31(1956)年から34年にかけて行われた解体修理工事の際、大棟の瓦一枚に「元和六年申ノ九月吉日 ふかくさ作十郎」と書かれたものが発見されたことにより、創建が元和6(1620)年だったことが判明したそうです。
 慶長20(元和元 1615)年に起きた大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼし、大坂城を落城させた徳川幕府は、4年後の元和5(1619)年に大坂を幕府直轄としました。時の将軍徳川秀忠は同時に大坂城を根本から築き直すことを決め、翌元和6(1620)年に工事が始まりました。つまりこの櫓は徳川幕府による築城の最初の年にに築かれたもので、大手口の北に建つ千貫櫓と並び、現在大阪城に残る古建築物のうちでも最古となるそうです。
西側と北側は廊下で中央に大部屋がある 2階への急な階段(2階は非公開で立入禁止)
懸魚(げぎょ) 屋根の破風板につけ、棟木や桁の木口を隠す飾 鯱瓦(しゃちがわら)
見張窓からは現在の大阪の町並みが・・・ この時期は紅葉が美しい
 なお、この日は同じ西の丸庭園内にある焔硝蔵(えんしょうぐら)・重要文化財の内部公開も行われていました。

 江戸時代には完成した火薬ををおさめた蔵のことを一般に焔硝蔵と呼んだそうですが、江戸時代のまま残っているのはこの一棟のみで、壁・天井・床の全てを石造りとした構造も他に全く例がないそうです。
 寛永6(1629)年に徳川幕府が手がけた大坂城が完成し、西日本支配の拠点と位置づけられたこの城には西国での有事に備えて多数の武器・武具とともに膨大な量の火薬が保管されましたが、青屋口にあった焔硝蔵に万冶3(1660)年に雷が落ち、凄まじい爆発が起こったそうである。
 それまでの焔硝蔵は半地下式の「埋土蔵」で、引火防止が目的だったよですが、火薬が湿りやすく部材も短期間で腐ってしまうため、この蔵の新築時には総石造りとしたそうです。
焔硝蔵
建造年 貞享2(1685)年
面積 約171.9平方メートル
高さ 約5.4メートル
内部貯蔵部 横2.7メートル×縦15.8メートル
壁の厚さ 約2.4メートル
文化財指定 昭和28(1953)年
解体修理 屋根のみ 昭和34(1959)年
石の梁 重厚な石壁
再び紅葉に包まれる大阪城天守閣を望みながら西の丸庭園を後にしました
乾櫓   焔硝蔵   
所在地 大阪市中央区大阪城1番1号
大阪城西の丸庭園内
公開日 2011年11月15日〜20日
公開日は不定期で、前回が5年前でしたので、次回は5年先?

メニューへ戻る