大阪駅の歴史と新駅舎工事状況

新駅舎の最新工事状況にジャンプ(2012年10月11日)
初代大阪駅の本屋は、木造レンガ張りの洋風建築で、壁の四隅は隅石によって飾られ、日本瓦葺切妻屋根の破風には特徴的な紋章装飾が施されていた。そのスマートな外観はたちまち人気をさらい、大阪随一の名所となったそうである。
初代大阪駅
明治7(1874)年〜明治32年「1899年)
第2代駅本屋は、正面中央部が2階建て吹き抜けとなった石張りの豪壮なゴシック建築で、初代同様、たちまち大阪中の人気を博し、日本銀行大阪支店、泉布館と並び「大阪の三名所」と称されてそうだ。
第2代大阪駅
明治34(1901)年〜昭和10(1935)年 
第3代大阪駅は、当初の計画では地上5階建で1階中央には5階部分まで吹き抜ける大空間が設けられ、大阪の玄関にふさわしい堂々たる空間作りが試みられていたそうである。しかし、2階部分までの完成後、太平洋戦争突入と戦況の悪化にともなう建設資材不足から一時中断。昭和17年には4〜5階部分の建設中止が決定し、中央吹き抜け部分を残して、それ以外のすでに組み上がっていた鉄骨は切断され軍部に供出された故、第3代大阪駅は凸型の外観を呈することとなった。
第3代大阪駅
昭和15(1940)年〜昭和54(1979)年 
第4代大阪駅の建設は国鉄の赤字経営を背景に業務施設機能と商業施設機能を合わせ持った百貨店・ホテル・旅行サービス機能等を取り入れた地下4階・地上27階の総合ターミナルビル建設が中心事業となり、駅業務施設は高架北側に別棟として昭和54年に開業。続いて昭和58年には大阪ターミナルビル(愛称アクティ大阪)が竣工した。
第4代大阪駅
昭和54年(1979)年〜 
   
ところで現在、大阪駅は第5代駅舎の建設工事中であります。ここで2011年春に竣工する新装大阪駅の姿を少しばかり紹介します。
新たに建設中の「新北ビル」

この建物は「百貨店ゾーン(三越伊勢丹)」・「専門店ゾーン」・「フィットネスクラブ(コナミ)」・「シネマコンプレックス」・「オフィスゾーン」に分かれる。
アトリウム広場

大阪駅北地区への玄関口となるアトリウム広場、新北ビル中央の開放感あふれた壮大な空間。
南側広場

アクティ大阪一階の南に新設される南側広場。待ち合わせや憩いの場として便利なスペース。
屋上プラザ

全天候型の巨大ドーム空間が広がる屋上プラザ。
プラットホームの上空をまたいで架けられた駅北側と南側をつなぐ連絡橋で、電車の発着の様子を眺めることが出来る。
一方、アクティ大阪も南側部分の増床工事に入り、現在入店中の大丸梅田の売場面積が約1.5倍となる。
  
 ここからは工事の進行状況をお伝えします。
2006年12月20日 2008年6月21日
北側ビル撤去後 新北ビル中央部の輪郭が見えてくる
  
2008年10月29日 2009年3月27日
ホームの上空に大きな橋がかかる 新北ビルの背がぐんぐん伸びる
  
2009年6月20日 2009年9月4日
橋の両側にドームの両端?が完成 ドーム両端?がどんどん広がる
  
2009年11月2日 2009年12月9日
中央通路に足場が組まれる  ドーム天井の骨組2本が完成
  
2010年3月1日
増築中の「アクティ大阪」(左側) 新北ビルの全様が見えてきた
  
2010年3月28日 2010年4月19日
ドームに天窓が出現 ドーム枠が両側に押し出されて広がる
  
2010年6月15日
ドームの天窓が8列完成しました。天窓は合計12列ですので、残りは4列です。ドームの両端と思っていた翼は雨よけの庇のようです。 2番ホームから見たノースゲートビル方向。かなりドームらしく成ってきました。
 
 
 
2010年10月11日
ドームが完成。
 
今後、ホーム上の小屋根を撤去、完成時はこんな感じになる。
   
2010年11月1日
本日より、ホーム上空を横切って南北に走る中央通路の一部が「のりかえ専用連絡通路」として開放され、各ホームに設置された中央通路と結ぶエスカレータとエレベータが初稼動しました。 エスカレータを上ると「のりかえ専用通路」です。乗り換え路線の看板文字が大きく分かりやすく書かれています。それぞれの柱の間にエスカレータとエレべータが設置されています。
←駅の工事に入る前に廃止された11番ホームが復活していました。丁度ノースゲートビルの一部をへこますようにしてホームが造られています。以前同様、北陸線特急など の発着ホームとなるようです。
 
2010年12月1日
9番ホームより南北中央通路&ドームを望む
南側の玄関口に「大阪駅」の文字が入りました。 北側の玄関口も、クレーンなどが乗っていた作業台が取り外されました。
  
2011年1月12日
外装は完成したようですが、2011年5月のグランドオープンをめざして、急ピッチで内装工事が進められているようです。
  
2011年2月9日
北側より見たノースゲートビル
(左はヨドバシ梅田ビル・中央のノッポビルは阪急百貨店の上階)
  
2011年2月26日
大阪駅の南側玄関口は、工事囲い塀が取り払われ見通しが良くなりましたので、橋上駅舎」や「時の広場」へと続くエスカレータの試運転なども見て取れました。ガラス屋根に見える部分はソーラーパネルで、これで少しでも電力消費をへらそうという考えのようです。
囲い塀が無くなり、サウスゲート広場の左右が見渡せるようになりました。これぞ大阪駅の入口だ!と云えるような広々とした空間が広がっています。(今までの大阪駅の玄関口はどこに有ったのだろう?)
  
2011年3月16日
サウスゲートビルの増床部分が完成し、本日オープンしました。本来は華々しくオープンを祝う式典が行われる予定でしたが、東日本大震災の被災者に配慮し、式典は行わずに静かな開店となりました。
サウスゲートビル ↑ 南ゲート ↑
ゲート入口の左側には2階へと続くエスカレータがあります。左奥は地階からの上りエスカレータで、写真には写っていませんが、右側には地階から2階への直通エスカレータがあります。
ゲートの奥には左右に広場(2月26日紹介)があり、中央に「大阪駅中央南口」その両側に大丸百貨店の入口があります。
エスカレータで2階に上がると、こjこにも広い空間と大丸への入口がある。 3階のこの先がノースゲートビルへの連絡通路と橋上駅舎かと思われる。
大丸15階の増築部分の屋上は「太陽の広場」という庭園になっています。奥の階段とスロープを上がると、 17階の広場に出ます。ここからは向かいに建つ阪神百貨店の屋上がよく見えます。 
 
橋上駅舎部分も照明が灯り、4月11日の使用開始に向けて急ピッチで工事が進められているようです。
なお、ノースゲートビルの開業は5月4日との事です。
 
2011年4月11日
本日、大阪駅の橋上駅舎がオープンしました。

南ゲートからエスカレータを乗り継いで3階に上がると、前回には閉まっていたシャッターが上がっており、その奥に見えるエスカレータ(階段もある)で上のフロアーに上りますと・・・・
そこはサウスゲートビルとノースゲートビルを結ぶ連絡通路となっています。 少し進むと橋上駅舎の改札口です。奥の方が先に開通した乗換通路です。
橋上駅舎の配置図
連絡通路の西側はガラス張りですので見晴らしが良いのですが、今のところホームの屋根が邪魔です。
一部のホームで小屋根の取外し工事が始まっています。取り外されるのはドームの下部だけで、ドームから外れた部分は残されますが、すでに新たなデザイン(丸屋根で半透明)で作り直されています。
橋上駅舎の北側はこんな広場になっていて、屋上に出来る「時空の広場」へはここから上り下りしますが、まだ立ち入りは禁止されています。金時計がポツンと寂しげに立っていますが、この屋上のオープンは5月4日になるそうです。
連絡通路の北端からエスカレータで下りた所が「アトリウム広場」です。 広場から振り返ると広大な吹き抜け空間が広がっています。
このアトリウム広場からは、ビルの北側の2階に設けられた通路が東に向かって伸びています。行き着く先は阪急梅田駅への連絡橋です。この通路の開設によって、ラッシュ時の混雑が幾分緩和されるかもしれません。
 
2011年5月4日
一足先にオープンしていた大丸梅田店に続き、ノースゲートビルの「三越伊勢丹」と専門店ビル「ルクア」がJR大阪駅舎の「時空(とき)の広場」と共に、本日グランドオープンを迎えました。  ↑ 時空の広場(北側から南方を望む)
残念ながら、ホーム上の屋根の取り外しは、まだ少ししか進んでいない状態です。何らかの理由で工事が遅れているようです。
↑ 時空の広場(南側から北方を望む) 左が三越伊勢丹・右がルクア
10階・和(やわ)らぎの庭 11階・風の広場
風の広場から約140段の階段(エスカレータは有りません)を上ると日時計のある空間があり、そこから階段を少し下りたところが「天空の農園」である。↓
「天空の農園」からはヒルトンプラザ・イーストとウエストの両方が望めます
阪急電鉄との連絡橋の手前に出来た「カリヨン広場」です。(奥はヨドバシ梅田ビル)
  
2011年6月8日
時空(とき)の広場 ↑

5月4日のグランドオープン時には、赤いポールでコの字型に仕切られた通路を歩くだけでしたが、今は自由に行動できます。
←サウスゲートビル(大丸百貨店)へも、時空の広場・南側から出入りできます。
オープン時に動いていなかった、このエスカレータは、時空の広場の一階上の東西ビル連絡通路から直行で10階の和(やわ)らぎの庭へ行くことができます。。
↑ アトリウム広場(右下奥の階段はヨドバシ梅田方面への降り口)
ヨドバシ側への階段を下りずに大阪駅一階のコンコースから北側出口を出ると、そこはJR高速バスのターミナルとなっています。各行き先ごとに乗場が設けられ、電光掲示板なども充実して立派になりましたが・・・・・・・・駅の一階から向かいのヨドバシ梅田へ行くのに横断歩道がありません。(奥の階段がヨドバシへ通じる) ヨドバシを望む道路脇には下のような掲示があり・・・
ヨドバシ方面へは、いったん2階のアトリウム広場へ上がり、奥の階段を下りるか、東側の地下道を使えと書いてあります。遠回りするうえ階段しかない所の上り下りは年寄りや小さな子供連れ(ベビーカー使用)にもこたえます。JRさんに、ぜひ横断歩道の復活(新駅舎工事の前には1階からヨドバシ直の横断歩道があった)を願いたいものです。
なお、朝日新聞の記事によりますと、JR西日本は大屋根を設置した大阪駅で、構内に雨が吹き込むため撤去を見合わせている各ホームの屋根について、一部を透明なものに改装する。景観と雨よけの両面に配慮したもので、佐々木隆之社長が5月20日、会見で明らかにした。同駅はホーム上に古い屋根が残り、開放感のある眺望が妨げられている。雨が吹き込む場所を梅雨の時期に見極め、今年度内にも改装を完了させる方針との事。
 
2011年10月24日
ホーム上の屋根の取り外しがかなり進み、5・6番ホームにガラス屋根が現れています。古い鉄骨はそのままで、その上に新しい骨組みを設け、ガラス板を並べていますが、ホーム上から見ると古い鉄骨が目障りで、いまいちスカットしません。
 
2011年12月13日
夜ですので太陽光の反射がなく、ホーム上がよく見えています。(5・6番ホーム、左側は3・4番ホーム)
作業は乗客のいない夜中の運転休止時間のみに行っているようですので、遅々として進んでいません。
2012年2月22日
今までホームの天井屋根の鉄骨からぶら下がっていた、環状線ホーム中央部の電光掲示板が、ホームの床から立ち上がったT字型ポールのアームに取り付けられています。一方、天井屋根を支えていた鉄骨に沿って沢山走っていたケーブル類(電灯線・信号線など)は一切取り払われており、間もなくこれら不要になった鉄骨は撤収されるものと思います。なお、その他のホームのケーブル類は、まだそのままです。
2012年5月21日
各ホーム上の屋根ガラスの取付工事が完了したそうで、今後ガラスが乗っていない部分の鉄骨撤去工事が行われるそうです。写真は奥から1・2番ホーム(白いポールが立つ)で、3・4、5・6、7・8、と続く。ドーム屋根は手前が高くなっているので、ガラス屋根は手前にくるほど長くなっています。
1・2番(環状線)ホームの古い鉄骨は撤去されましたので見晴らしが随分良くなりましたし、ドーム屋根が無い部分のホーム西側の屋根天井の内装がほぼ完成したようで、かなりスカットした感じになっています。
1・2番ホーム西側の天井内装
 
2012年10月11日
ガラス屋根が乗っていない部分の鉄骨が、いつ撤去されるのかと、大阪に出るたびにチェックしていましたが、一向にその気配がありません。
ホーム上でよく見ると、古い鉄骨から新しい電光掲示板がぶら下がっていますし、その上には信号ケーブルなどを覆い隠す金属製の化粧版が新設されています。
どうやら、古い鉄骨は撤去不可能なようで、このまま残すようです。
一方、ドーム屋根からはみ出したホーム上は、半透明の小ドーム屋根を持つ空間で、今まで目障りだったケーブル類が隠され、各ホーム共にきれいになりました。
1・2番線ホームは、先に完成されていましたので、これで一応「新しい大阪駅」の工事は全て完了したものと思われます。
1.・2番線ホームからの展望

メニューへ戻る