城跡探訪・近江大溝城

2012年6月4日

しんあさひ風車村の「ルピナス」を見た後、このJR近江高島駅で途中下車です。
この駅近辺に大溝(おおみぞ)城跡があるそうですので、探してみることにしました。
駅のすぐ東側に高島総合病院の大きな建物がありますが、その裏側(琵琶湖側)に「老人保健施設・陽光の里」という施設があり、生垣の前には「大溝城三の丸跡」の石碑がたっています。
「陽光の里」の横道の入口には「→大溝城跡」の看板があり、この細い道が城跡に通じているようです。
いつも、城跡探しはうろうろ歩き廻って苦労するのですが、簡単に見つかってしまい、一寸拍子抜けです。
道路の突き当たりを左に曲がると・・・・
赤いのぼり旗が見えてきます のぼりの所からは天守台が望める
今も当時の石垣が残されています
南側に回りこむと、浅井家と京極家の家紋を入れた赤い「のぼり」が並びます(裏返っています)。右端の案内板は「大溝城とお初」とのタイトルで、浅井長政・お市の方の次女、お初(姉=お茶々→淀殿・豊臣秀吉側室 / 妹=お江・徳川秀忠継室)が、この城で京極高次と共に過ごしたことなどが紹介されています。(案内板のUP画像はこちら
石垣の前には「大溝城跡の石碑」と「解説板」が並びたつ。解説板の内容を下記に紹介します。

 織田信長が安土に壮大な城を築いたころ対岸の高島の地に大溝城が築かれた。この城は、びわ湖とその内湖を巧みに取り込んで築いた水城で、明智光秀の縄張(設計)で出来たと伝承されている。
 そのころ、高島郡一円を委ねられていた新庄(新旭町)城主磯野員昌が、信長に背いて突然出奔(しゅっぽん・にげ去ること)したため、信長は天正六(1578)年その跡地を甥(弟信行の長男)の織田信澄にあてがい大溝城主とした。
 城主に入った信澄は、高島郡の開発・発展に尽力するとともに、信長の側近として、また、小田軍の遊撃軍団の一つとして活躍した。
 
 ところが天正十(1582)年六月二日、明智光秀が本能寺に謀反を起こすと、光秀の娘を妻としている信澄に嫌疑がかかった。信澄の蜂起を恐れた織田信孝(信長の三男)は、丹羽長秀と謀って、六月五日、たまたま四国遠征途上にあった信澄を、大坂城内二の丸千貫櫓に攻めこんだため、信澄は自害して果てた。
 大溝城は、やがて解体されて甲賀群水口の岡山城に移されたが、城を中心に形成されていた大溝の城下町は、元和五(1619)年に伊勢国上野(三重県河芸町)から入部した分部(わけべ)氏の引きつがれ、整備されて湖西地域の中核的存在として、豊かな歴史と文化を育んで来た。

 高島町教育委員会
南西側の石段を上がると、平坦な天守台跡に出るが、片隅には多くの石材が転がっている。中には新しそうな石材なども混じっており、一時石材捨て場になっていたのではないかとも思える。
南東角の石垣
他にも解説板が設けられていて、「織田・京極・浅井家にまつわる人々の系図」・「大溝城および武家屋敷配置図」などが掲示されていましたが、「大溝城本丸模型」の写真で、かわいい天守閣の姿を確認することができました。
大溝城跡
所在地 滋賀県高島市勝野
交通 JR湖西線
近江高島駅から徒歩約6分
入城 自由

メニューに戻る