滋賀県守山市中町39番地にある近江妙連公園

ここには600年以上前の古い時代から咲き続ける

近江妙蓮と呼ばれる蓮が育てられています

この花は、つぼみの時は普通の蓮となんら変わり

ません。

しかし開花するとき、150枚前後ある外側の花弁を

順次散らせると、その後は2〜数個もの花(花弁群)

となります。
普通の蓮花にあるような花托やしべはなく、花弁ば

かりが集まった花である。




← 二頭花
の花弁の数は2000〜5000枚前後にもなります。

これら多数の花弁群は、外側の150枚前後のもの

以外は散り落ちることなく、そのまま花柄に付いて

枯れるそうです。


← 三頭花
妙蓮は平均で3300枚程の花弁で一つの花を作る

奇妙なハスです。このように多数の花弁があるの

は、雄しべや雌しべがすべて花弁に変化したから

だと考えられています。



← 四頭花
妙蓮は1本の花柄に付いた1つの花が幾つもの花

弁群に分かれて多数の花が咲いたように見える

ハスで、多頭蓮と言われている
なおこれは、突然変異という現象で生じたものが

年々同じ花を咲かせ続ける不思議なハスなのです

そして、雄しべも雌しべも存在しない花を咲かせる

ので、種子を一切造ることがない特殊なハスなの

です。
これらのつぼみも、全て多頭花となります。
資料館の展示室には6頭花の写真がありました。
同じく展示室にある妙蓮のつぼみの輪切り写真。

まるでキャベツ
のようです。





撮影2003.7.26 & 2005.7.24  終

メニューに戻る