近江八幡を行く

遊歩百選に選ばれたという近江八幡を、観光案内所で頂いたガイドマップ通りに訪れました。
JR近江八幡駅には大阪から約1時間・京都から
約30分・米原から約20分で到着する。
到着後はまず北口観光案内所に寄って、まちなみガイドマップを手にいれよう。

駅から洋館街まで徒歩で25分位かかるので、観光案内所の横にあるJRのレンタサイクル(駅リンくん=1日¥500 運転免許証・健康保険証などの身分証明が必要・他のレンタサイクル店は1日¥1300)やバスを利用しても良い。

バス利用の場合は近江鉄道バス・湖国バス:長命寺行(一時間に約三本)上筋下車(¥210)
池田町洋館街

大阪心斎橋大丸や関西学院大学を設計したウ
ィリアム・メレル・ヴォーリズの設計による住宅
が数多く建ち並ぶ通り。大正2(1913)年から昭
和9(1934)年にかけてアメリカ式住宅のモデル
ハウスとして建てられたもので、赤レンガ塀の
向こうに建つヴォーリズ建築は今も現役です。

― 内部非公開 ―
本願寺八幡別院

豊臣秀次が八幡城下町を築いた時に、安土から移築した市内随一の大寺院。徳川家康が上洛の際に宿泊したそうだ。

本堂・鐘楼・表門・裏門は県指定文化財である。
新町通り

豊臣秀次によって開かれた城下町「近江八幡」
は、後に近江商人の発祥地として栄え、碁盤目
状に区画された町並みに今も残る商家や白壁
の土蔵群は、江戸時代中期から明治時代に天
秤棒一本の行商から財をなし、全国的に活躍し
た近江商人の往時の隆盛を偲ばせます。
市立資料館

昭和初期に建設された「旧八幡警察署庁舎」を考古資料館として公開している。

資料館はこの他、この建物の裏手にある「歴史民俗資料館」・真向かいに建つ「旧伴家住宅」・一寸離れた所にある「旧西川家住宅」の4館で構成されている

4館共通券 大人¥500 小人¥300
旧伴家住宅

伴庄右衛門は江戸時代初期から活躍した近江商人の一人で、屋号を扇屋といい、主に畳表、蚊帳を商って豪商となった。
今に残るこの建物は文政10(1827)年より天保11(1840)年の十数年の歳月をかけて建築したもの。明治時代になって当時の八幡町に譲渡されてからは、小学校・役場・女学校・近江兄弟社図書館・近江八幡図書館・近江八幡市立図書館と変遷し平成9年にその役目を終えた。
八幡堀

豊臣秀次は八幡開町時に、琵琶湖を往来する
荷船をすべて八幡に奇港させるために八幡堀
を設けました。現在では桜並木や花菖蒲が美し
い近江八幡の代表的な観光名所となっている。
また、映画やテレビ時代劇の撮影場所として隠
れた名所となっているそうだ。
白雲館

明治10(1877)年に西洋風建築物のひとつとして建てられた八幡東学校を平成6年に復元したもの。現在は観光の拠点として活用され、1階は特産品紹介や観光案内所、2階はギャラリーとして利用されている。

― 入館無料・休館年末年始 ―
日牟禮八幡宮

千年以上の歴史を誇るこの神社は、昔から近
江商人の絶大な信仰を集めてきました。海外で
活躍した近江商人、西村太郎右衛門の奉納し
た安南渡海船額や、鎌倉時代の木造神座像を
はじめとする重要文化財も数多く保管されてい
ます。左義長まつり、八幡まつりでも有名。
かわらミュージアム

江戸末期から盛んに瓦が造られ、広く知られた「八幡瓦」の魅力を様々な角度から見つめることができる博物館。伝統の技や歴史を日本・世界各地の風土や暮しとともに紹介する常設展示や企画展示のほか、瓦粘土を使ってオリジナル作品を作る体験工房も設けられている。

休館日:月曜・年末年始・祝日の翌日
入場料:大人¥300 子共¥200
市営観光駐車場

普通車30台・大型バス10台
観光案内所、トイレ、みやげ物店、食堂、レンタ
サイクルなどが完備されている。
西の湖水郷地帯

西の湖一体に広がる水郷地帯は、琵琶湖八景「春色・安土八幡の水郷」として知られています。
群生するヨシによって作り出された自然の水路を小船で行く水郷めぐりは、カイツブリやヨシキリなどの水鳥の囀りが心地よく、春夏秋冬それぞれの美しさが楽しめます。

2005年11月18日、文化財保護法を改正し、新
設された重要文化的景観の第一号に選定された。
ヴォーリズ記念館

建築、医療、教育など様々な分野で才覚を発揮
した名誉市民第1号、ウイリアム・メレル・ヴォー
リズが後半生を暮らした旧邸宅を記念館として
公開。氏の生涯の記録や遺品等が数多く展示
されており、県の重要文化財に指定されている

見学は要予約(TEL0748-32-2456)無料
休館:月曜日・何末年始・祝日
永原町通り

格子戸や白壁の土蔵などが今も色濃く残る通り
新町通りや八幡堀一体と同様「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されており、落ち着いた家並みが続きます。2階部分の虫かごに似た小さなまど「むしご窓」や防火壁の役割をする「うだつ」などが見られます。
その他、八幡山ロープウェイで八幡山(鶴翼山
・標高269m)山頂から市内を眺めて見るのもよ
いかも知れません。



              

           2005.10.30撮影

メニューに戻る