紅葉の京都大原を行く

2009年11月10日、紅葉情報で京都の三千院が見頃との発表をみて、さっそく大原までやってきました。JR京都駅から京都バスに1時間以上揺られ、終点の大原バス停で降り、菜の花の苗畑をなどを見ながら歩くこと約15分で三千院の門前に到着する。
門前の通路には、物産店や食堂が建ち並び、平日だというのに大勢の人々でいっぱいです
三千院

創建は傳教太子・最澄上人(767〜822)が比叡山延暦寺建立の際、草庵を結ばれたのに始まる。別名、梶井門跡・梨本門跡とも呼ばれる天台宗・五箇室門跡の一つ。明治初期から三千院と公称されるようになったそうです。
庭園・聚碧園(しゅうへきえん)・池泉観賞式庭園で、江戸時代の茶人金森宗和の修築 
バックの色鮮やかな紅葉が背景となって、庭木の緑を引き立てています
本堂の宸殿(しんでん)から外に出て、池泉回遊式庭園・有清園(ゆうせいえん)を巡る
これらの紅葉群が客殿の庭園・聚碧園の背景となっている
往生極楽院(おうじょうごくらくいん)・国宝/重要文化財 ↑↓
↑観音堂への階段を上がったところ
円融房(えんにゅうぼう)(写経場)
 
三千院を出て、次の目的地「音無しの滝」へと向かいます
三千院の境内に沿って南側ある道路を東方向に少し進みますと、こんな綺麗な紅葉に出会いました。ちょうど三千院の敷地が切れたところで、黒い小門には「来迎院本坊・参道口」と書かれています。この紅葉の美しさにつられて、思わずこの寺に飛び込んでしまいました。
来迎院(らいごういん)・魚山橋の東、呂川に沿って山道を300m程登り、外界と隔絶した雰囲気をもつ天台宗の古刹。、この本堂は室町時代後期(天文二年)に再建されたものだそうです。
来迎院を出て「音無しの滝」に向かいます。三千院は沢山の人達で賑わっていましたが、ここまでやって来る人は、ほとんどいないようで、滝に着くまでの間に出会ったのは一人だけでした。

通路には滝までの案内標識が所々に出ていましたので、道に迷うことなく滝に到着できました。

音なしの滝

「音なし」という言葉から、小さな滝で音も無く静かに流れ落ちる滝を想像していましたが、何と結構おおきな滝である。滝の中腹で写真を撮っている人がいましたが、その人との背丈から割り出すと、約20m位の高さかと思われます。

最近は雨が少なく、流れ落ちる水量が少ないですが、落葉が積もったこんな風情も又よろしかろう・・・・。

近くに解説板がありました。それによりますと、「聖応大師・良忍上人(しょうおうだいし・りょうにんしょうにん)は、来迎院を建立して天台声明や融通念仏宗を興された高僧でした。その上人が、滝に向って声明の修行をしていると、滝の音と声明の声が和して、ついには滝の音が聞こえなくなったという故事からこの名がある」そうです。
ここでいう声明(しょうみょう)とは、経文に音曲をつけて歌詠するもので、音楽的な色彩が強く、後の邦楽(浄瑠璃・謡曲・民謡など)に強く影響を与えたそうである。
音無しの滝から、もと来た道を下ります。行きには気付きませんでしたが道端の紅葉も綺麗です
いったん大原バス停に戻り、地図を確認してから寂光院に向かいます。小雨が降る中、田畑が広がる細い田舎道(といっても舗装路で時々車も通ります)を歩きます。


こちらもバス停から約15分程で寂光院の門前に到着です。
長い石段を上ると 紅葉に包まれた表門が見えてきます
寂光院本堂・寂光院は天台宗の尼寺で、推古2(594)年に、聖徳太子が御父用明天皇の菩提を弔うために建立された寺である。
紅葉に包まれた「諸行無常の鐘楼」
撮影2009年11月10日
参考資料
三千院 京都市左京区大原来迎院町540 地図 TEL:075-744-2531 拝観料700円
来迎院 京都市左京区大原来迎院町537 地図 TEL:075-744-2161 拝観料500円
寂光院 京都市左京区大原草生町676 地図 TEL:075-744-3341 拝観料600円
音無しの滝 地図 見物無料

メニューに戻る