城跡探訪・大垣城

JR大垣駅前の観光案内所で「大垣城」の所在地を教わり、いただいた「城下町大垣観光マップ」を片手に商店街となっている駅前通りを南下します。
水門川  かって、水門川は大垣城の外堀でした。先の大戦で大垣城も町並みも消失してしまいましたが、水門川の流れが往時をしのばせています。
水門川を越えても、まだまだ商店街が続きます。
この辺りの町名は「郭町(くるわまち)」と呼ばれ、城が近いことを知らせてくれているようです。
「大垣城・郷土館→」と表示された看板?が現れます。
指示どうり、商店街の一角を右に入ると、突然目の前に大垣城の天守(再建)が現れます。今まで訪れた城跡は、ほとんどが街から離れたところにあったので、商店街のすぐ近くに建つ城には驚きました。
大垣城旧柳口門
大垣城天守(再建)
 大垣城は天文四年(1535)、宮川安定が築城した(明応九年竹腰尚綱の創建とも伝えられる)といわれ、大垣市内を流れる水門川の流れを外堀に利用して築城されました。天守は四層四階建て総塗りごめ様式で、大変優美な城です。
 慶長五年(1600)、関ヶ原の戦いでは、西軍を率いた石田三成の本拠地となり、その後、寛永十二(1635)、摂津(兵庫県)尼ヶ崎より戸田氏鉄公が入城し、戸田十万石の居城となり、以後明治維新まで続きました。
 昭和十一年には国宝に指定されましたが、昭和二十年(1945)の戦火で惜しくも消失してしまいました。その後、昭和三十四年(1959)に、外観を昔そのままに再建され、城下町大垣ののシンボルとなっています。          大垣城の新しい解説板より
現在、城内は大垣城/大垣市の資料館となっており 大垣に関する様々な資料が展示されています。


戸田氏・歴代藩主の肖像画
城下町のジオラマ 「杭瀬川の戦い」のジオラマ
在りし日の大垣城本丸城郭図
艮隅櫓(うしとらすみ櫓)

本丸の北東部に建つこの櫓は、天守と共に国宝の指定を受けていましたが、戦火で消失しました。現在の櫓はRC造りで復元されたものです。
辰巳櫓跡
麋城(びじょう)の滝 埋門
鉄砲狭間のある土塀(復元) 戸田氏鉄公騎馬像天守
旧城郭は本丸二之丸三之丸の外に松乃丸袋丸などがあってこれを囲んでいた 更に総郭をめぐらし七口の門を設けた 大手南口柳口竹橋口清水口辰之口小橋口がそれである 他に京口名古屋口の両総門があり巧みに濠を廻らし攻守に要害を極めた城郭であった
天文四年(西暦1535年)宮川安定が創建したものと伝えられその後城主がしばしばかわった
慶長元年 伊藤裕盛が初めて天守閣を建造したが関ヶ原役に西軍の本拠となって破損された 次いで石川松平岡部松平等の諸氏が相ついで城主となった
寛永十二年(西暦1634年)八月戸田氏鉄が尼ヶ崎から十万石の城主としてここに移り城櫓を改築修理し子孫城主になること十一代に及んだ
明治二年正月 最後の藩主戸田氏共が版籍を奉還し次いで七門及び両総門をこわした
明治四年七月 大垣藩を廃して大垣県とし同年十月大垣県もまた廃止された
昭和十一年 、文部省は天守閣とうしとら隅櫓の両建物を国宝建造物に指定した 大垣市はその内部を博物館として一般に公開した
昭和十二年日華事変が勃発し戦いは次第に?烈を加え太平洋戦争にまで発展し連合軍の本土攻撃が日増しに頻繁となった
宝大垣城は焼夷弾に襲われ当市の大半とともに灰?と化し八月十五日の終戦となった
昭和29年 市は重要文化財調査委員会を創設し史跡として保存することになった
天守横の古い城跡碑(石板)

読み取れた文面を右に記します
大垣城
所在地 岐阜県大垣市郭町2-52
TEL 0584-74-7875(ファックスとも)
開館時間 09:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 年末年始(12/29〜1/3))
入館料 一般100円 18歳未満無料
交通 JR大垣駅より徒歩約7分
名神高速道路大垣ICから15分
駐車場 なし 市営丸の内駐車場など利用
メニューに戻る