大垣ひまわり畑2015

2015年9月5日

大垣市墨俣町の休耕田に植えられた「ひまわり」が見頃を迎えたとの報で、JR大垣駅までやってきました。
ここからは、名阪近鉄バスで「墨俣(すのまた)」に向かいます。
墨俣バス停からは、道順を示す旗などはありませんが、とにかく東方向(バスの進行方向に向かって右側)に進んでいけば、かなり広大な区域のひまわり畑ですので、どう行っても黄色が目に飛び込んできます。
一寸生育の悪い箇所があったり、ひまわり畑の区画の間に民家・道路・樹木があったりで途切れ途切れの所もありますが、場所によっては素晴しい景観を見せる所もあります。
大垣のひまわり畑は、休耕田を有効利用することで水田農業の振興と地域の活性化を図ることを目的とし、平成2年から毎年場所を変えて実施しておられます。
今年は8月上旬に「平町」で第一陣の「ひまわり祭り」が行われ、第二陣として時期をずらせて植えられた「墨俣町」のひまわりが、見頃を迎えています。
「墨俣」と云えば豊臣秀吉が「木下藤吉郎」と名乗っていた時代に織田信長の命令で建てた「墨俣一夜城」が近くにありますので、ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

大垣ひまわり畑 大垣市
 
メニューに戻る