城跡探訪・太田城(摂津国)

 太田城は、安威川の東岸、西国街道に接した南側一帯に築かれていたと推定されるが、昭和35(1960)年、この地に東芝中央倉庫が建設された際に、旧地形はまったく損なわれてしまい、今はただ「城の前」町という町名にその名を留めるのみとなってしまった。 それでも、昭和35 年以前の様子は太田在住の歴史家・加藤弥三一氏の著された「まぼろしの太田城」によってわずかながらうかがうことができる。
 同書によれば、従前この地には「城の口」「城の前」という小字と、「城の山」という小丘陵が存在していた。「城の口」は、同書中の図をも加味していえば、舌状に張り出した台地の先端部付近の平地を指し、「城の山」はその先端のやや東寄りに位置する高さ 2〜3mの微高地であった。「城の前」はこの舌状台地の南側一帯で、落差は 7〜8mもあったといい、良田であった。
 加藤氏の所説によれば、太田城は、その南面においては 7〜8mの比高を有する舌状台地の突端に築かれた城郭であったと推定される。
 
「日本城郭体系」第12巻の「太田城」より抜粋
 2012年2月12日

 上で紹介した「太田城跡」を訪ねてみました。
 城の前町と太田一丁目との境界道路を少し西に行ったところに、きれいに刈込まれたカイズカイブキの植え込みがあり、その裏側に太田城跡碑と解説板がひっそりと佇んでいました。(地図上のマークは石碑の場所)
解説板の内容を下に記します。


 太田1・2丁目の旧住宅内を歩くと、道路は狭くてT字路になっているところが多くありますが、城下町であった特徴をしめしています。この城は、平安時代末期(十二世紀末)の平城で、太田太郎頼基というひとが築いた城であるといわれていますが、くわしいことはわかっていません。
 頼基は、多田源氏の一族で、摂津国でも優秀な武士として名をつられています。その行跡のうち「平家物語巻十二」に、源義経と近くの川原条(安威川と西国街道が交叉する太田橋のすぐ西側)で合戦したことが記されています。
 それによると、平家を滅ぼした義経が都にとどまっていたとき、兄頼朝が義経を討つため都に攻め入るという噂がたったので、義経が文治一年(1185)十一月三日の明け方、西国へ逃げのびようとしました。頼基は、「我が門の前を通しながら、矢ひとつ射かけてあるべきか」といって、河原津(川原条)というところで義経と戦いましたが、この時敗れたとされています。
 石碑の後ろで赤いものがちらちら見えています。立入り禁止用フェンスの外から見てみると、一段高い舞台状の上に地蔵様状の石と、やや大きめの文字で「太田城跡」と書かれた石板が置かれています。石版の文字は掘り込み文字で、充填されている白い塗料が欠落しているのと、文面の文字が小さくて、ほとんど読み取れません。多分上記解説板と同様のことが記されているものと思われます。
 石碑の場所から、北に進むと旧城下町に入っていきます。立派な門構えの屋敷や蔵がある狭い道路を歩くと、多数のT字路・歪(いびつ)な十字路・行き止まり等、大勢の敵兵が一気に侵入することを防ぐための、巧妙な仕組みを実感することができました。
多数存在するT字路 歪な十字路

太田城(摂津国)跡
所在地 大阪府茨木市太田1-4
交通 阪急茨木市駅から近鉄バス
花園東和苑行き「太田」下車
  

メニューに戻る