兵庫県・東条湖おもちゃ王国

10月の初め、女房が孫を連れて泊まりがけで何処かに行かないかと言い出
した。そう云えば今年はじめて知った孫の日(10月第3日曜)も近づいている
ことでもあり同意するも、何処え連れて行くねん!となった時に、「東条湖に
子供向けの遊園地があるらしいで」との事で、ネット検索してみると、東条湖
おもちゃ王国
という所が見つかった。
施設内容を調べてみると、入園料のみで遊べる色々なプレイルームが有っ
たりして、これは4才の孫娘には打って付けだと思い、息子達に連絡して10
月の3連休の間に行く事に決定した。
足の方は息子の車を期待したが、とても2日間は休めないとの事で、行きは
電車+送迎バスで、帰りは息子に車で迎えに来てもらうこととなった。
10月9日(日)

孫と息子の嫁と私達夫婦の4人でJR
大阪駅から宝塚線快速に乗り、約40
分で新三田駅に到着する。
駅前から看板の指示に従いガード下
をくぐり進むと、送迎バスが見えてき
た。車を持たない者にとっては無料
送迎バスは大変有り難い。
我々は11.30のバスに乗り出発。

ちなみに発車時間は9.30・10.30・11.
30の3本であるが、土・日・祝日は12
.30発が追加されます。
こうして約30分位で「おもちゃ王国」
に近付くが、駐車場入りを待つ車で
渋滞が始まる。
ここは小さな子供を持つ親達の間で
は、かなり有名らしく、休日には沢山
の車が押し寄せる。

まあ、そんな渋滞もすぐに解消し12.
10頃におもちゃ王国前に到着した。
まずは腹ごしらえと近くのホテルグリ
ーンプラザ東条湖へと向かう。

私は孫の遊び場の事ばかり調べて、
食べる所の事は何も調べていませ
んでしたが、嫁さんはちゃんと調査
済みで、ここのランチバイキングが
お薦めとの事。
5種類のメインプレートの中から1品
を注文した後は、バイキング形式で
好きな料理やデザート・ケーキ・ドリ
ンク等をいただく。
どれもおいしかったので、これで148
0円ならばリーズナブルだと思った。
さて腹ごしらえの後は、いよいよ「お
もちゃ王国」に入国です。

孫の今日一番の目的は14.30から始
まる「マジレンジャーショー」です。
入口で公演場所を教わり、駆けつけ
ます。
しかし、もうすでに沢山の人達で一
杯でしたが、なんとか舞台前の隅っ
こに場所を確保した所で、孫が舞台
上で販売している、グッズを見付け
お面が欲しいと言い出しました。
こんな時だからと、お好みのマジブ
ルーのお面を買ってやったところ、
料金と引き換えに番号札を渡されま
したので、これ何!と尋ねると「グッ
ズを買った子のマジレンジャーと握
手をする順番札です」との事であり、
思わぬ孫孝行が出来る事となった。
そして、いよいよショーが始まりまし
た。
何やら大阪弁を使う怪人が出てきて
マジレンジャーが次々と催眠術のよ
うなものにかけられ、仲間同志が戦
い、次々と倒れていきます。
最後にはマジレンジャーが勝つので
すが、一寸孫には理解できないよう
な筋書きでした。

そしていよいよ握手会の始まりです
番号札の番号を告げられた子から
順番に並び、時をまちます。
私の孫は91番でしたので、かなり待
ちましたが、マジレンジャー5人全て
と握手を交わし、満足げに会場を後
にしました。
王国のあちらこちらには、大きなブ
ロックで作られた動物や童話の人形
などが沢山屋外展示されています。
そしてこの王国の目玉である「おも
ちゃのパビリオン」に向かいます。

まず目に止まったのが「トミカプラレ
ール館」であります。
孫は早速飛び込んで、電車や自動
車の運転ゲームに興じます。
電車の方はかなり難しくて、途中か
ら母親が占領し、夢中で運転してい
ましたが、ピタリと停車位置に止め
たのにビックリ。
孫は自動車の運転に夢中、いつも
父親の運転を見ているからか結構
ハンドルさばきが良いのに驚く。

この後、ミニカー釣り(有料)をして、
一台吊り上げ、ご機嫌で外に出る。
ハッピーフライを見付け、あれに乗
りたいとの事で、今日初めて乗り物
券を買いに走る。

これを下りたところで閉園時間の5
時少しまえとなり、リカちゃんハウス
に少し寄った後に退園する。
空を見上げるときれいな夕焼け空
が広がるが、本日の泊まりは近くの
ホテルグリーンプラザ東条湖ではな
くてここから歩いて15分程の所にあ
る「東条湖グランド赤坂」である。

グリーンプラザは予約時に満室との
ことで、こちらの宿を紹介していただ
き1泊2食付12600円で予約していた
わずか5室、定員30名のこじんまりと
した旅館だが、広い部屋にこの料理
で、今年初めての松茸を口にする。
この後、土瓶蒸とデザートが出てき
ましたが、さすがは料理旅館というだ
けあって味がよく、ボリュームもあっ
て大満足。女房がご飯を食べる段に
なって、おひつの蓋を取り「うわ!松
茸ご飯や」とさけんだので、食べかけ
のうどんは残してご飯にとびついた。
10月10日(祝)

翌朝旅館のすぐ裏にある東条湖を
ながめたが、すごく水位が低下して
いる事に驚く。今年だけの現象なの
か、年々低下しているのかを確かめ
たかったが、旅館の人に伺おうと思
いながら、忘れてしまった。
朝食後、頃を見計らって宿を出発し
ようとしたら、女将さんが車で王国ま
で送って下さった。
お蔭さまで、王国のキャラクターによ
るお出迎えに間に合った。

そして今日の最初の入館はピコピコ
ハウスである。
ここは、セガトイズのパビリオンであ
りピコと呼ばれる簡易コンピュータ
ゲーム機が30台程置かれていて、
自由に遊んでも良い。但し混雑時は
タイマーをセットして10分経ったら交
代を促すアラームが鳴る。
同じ棟の反対側は、ままごとハウス
である。奥の棚には色々なおもちゃ
の食材が種類分けして置かれてお
り、これらをかごに入れて持ち運び
調理台やテーブル上でままごと遊び
を始めます。
我が孫娘も包丁片手に調理に夢中
である。

ピコとままごとだけで午前中を過ごし
さあ昼食という時に息子の到着を知
らせる携帯電話が鳴る。

合流後の昼食は、前日と同じ物にな
ってしまった。
昼食後は「ダイヤブロックワールド」
に飛び込んだが、入口の近くは色々
な玩具が置かれており、それでしば
らく遊んだ後、ブロックのコーナへと
移動。
ここでもひとしきり遊んだが「オシッ
コ」の声で切り上げる。
その後はトミカプラレールランドに入
館し、無数に用意されたプラレール
を、私も手伝って繋げたのだが、電
車を走らすと、孫は違うと言って除け
てしまい、ミニカーを走らせて遊ぶ。

その他、アクションゲームワールド・
絵本と木のおもちゃ館・シルバニアフ
ァミリー館・学びのハウスなどの入園
料のみで遊べる場所がある。
いよいよ閉園の時間も迫ってきたの
で、最後にこれだけは絶対乗りたい
と云っていた、トーマスに乗せて引き
揚げることにする。

2日間で有料の乗り物に乗ったのは
3回のみ、あとは入園料だけで十分
遊べて、孫も満足したようである。
この後、息子の車で帰宅となりましたが、中国自動車道・ひょうご東条ICに
入った途端に渋滞に巻き込まれ、約3時間かかって帰り着きました。
こんな時は電車の方が良いなと思いつつ、なぜあんなに遠い所まで行かな
ければ、幼児の遊園地が見当たらなくなったのかを考えさせられます。
今まで大阪近郊に有った遊園地は、大人が楽しむ為の遊具ばかりを充実さ
せ、小さな子供達の遊び場所を奪ったことが、子供連れ家族の遊園地離れ
を引きおこし、閉園に追いやられたのではないでしょうか?
この遊園地のように、入場料のみで子供達が充分楽しめる施設を充実させ
れば、遠くからでも沢山の人々が訪れることを実感し、今後の遊園地のあり
方を垣間見たような2日間でした。  − 終 −
メニューに戻る