岡山後楽園を行く

2013年7月14日

久しぶりに日本三名園の一つである「岡山・後楽園」を訪れました。

この公園は、岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて、貞享4(1687)年に着工、元禄13(1700)年に一応の完成。その後も藩主の好みで手が加えられてきましたが、江戸時代の姿を大きく変えることなく現在に伝えられてきました。
明治17(1884)年に池田家から岡山県に譲られ、一般に公開されるようになりました。
延養亭、鶴鳴館などの建物を中心に、東に操山、南に岡山城を望み、広い芝生地が特徴の江戸時代を代表する回遊式の大名庭園です。昭和27(1952)年には文化財保護法による「特別名勝」に指定されています。

←公園地図(画像クリックで大きな画像を表示します)
沢の池


錦鯉が沢山泳ぐ、園内で一番大きな池で、右奥に唯心(ゆいしん)山が望めます。手前の島は白砂青松が美しい砂利島です。
↑ 寒翠細響軒(かんすいさいきょうけん) ↑ 五十三次腰掛茶屋
↑ 庭園から望む岡山城 ↑ハスの花がきれいです
← 神殿(しんでん)

幕末頃にできた建物。銅版葺で、高床となった十畳の座敷からは、園内南西の景色を広々と眺めるられるそうです。


← 茶畑

江戸時代には、ここで作った葉茶は、藩主がふだんに飲むお茶として使われたそうです。
← 茶祖堂(ちゃそどう)


もとは利休堂(りきゅうどう)といい、幕末の岡山藩家老の下屋敷から移築されて茶室で、千利休を祀っていました。
戦災で焼失し、昭和36(1961)年に再建し、岡山出身で日本に茶を伝えた栄西禅師を合祀したため茶祖堂と改めたそうです。
↑ 花交の池(かこうのいけ) ↑ 八橋(やつはし)
← 唯心山(ゆいしんざん)

この山は池田綱政の子、継政の時代に築かれ、平面的だった庭園が立体的な景観へと変化しました。
山腹には唯心堂があり、斜面には石組に合わせて、ツツジやサツキが植えられ、季節には紅白の花で彩られるそうです。


唯心山から望む、中の島にかかる太鼓橋茶室 ↓
← 廉池軒(れんちけん)


戦災をまぬがれた数少ない建物の一つで、池に架かる石橋や対岸の小島なども往時の姿を今に伝えています。
この建物からは沢の池越しに見える松林や曲水と池の段差」など、起伏に富んだ景観を眺めることができるそうです。
← 延養亭(えんようてい)

藩主の居間で、園内で最も重要な建物でしたが、戦災で焼失し、昭和35(1960)年に当時第一級の木材と技術で築庭当時の間取りに復元されました。
園内外の景勝が一望できるように造られており、歴代藩主もここから眺めたそうです。



↓ 延養亭・庭園
↑ 花葉の池(かようの池)・この池には「一天四海」(通称・大名蓮)が白い花を咲かす
← 大立石(おおだていし)


巨大な花崗岩を九十数個に割り、もとの形に組み上げたもので、築庭にあたり池田綱政が運ばせたもの。
大名庭園ならではの豪快さと石の加工技術の高さがうかがえます。
訪問日 2013年7月14日      
岡山・後楽園
所在地 岡山市北区後楽園1-5
TEL 086-272-1148
入園料 大人400円 小人(5〜15才)140円
65才以上140円 団体(35人↑)2割引
開園
時間
3/20〜9/30 07:30〜18:00
10/1〜3/19 08:00〜17:00  無休
交通 JR岡山駅から徒歩25分 市内バスで15分「後楽園前」下車すぐ
岡山ICから20分(約8km)
駐車場 あり 普通車 1時間100円

メニューに戻る