城跡探訪・岡山城

岡山城の沿革・・・・備前の国邑久から起った宇喜多直家が、岡山の地・石山の城にいた金光宗高を滅ぼして城郭を拡張して入城したのは天正元(1573)年の秋であった。直家はこの城を本拠として城下町の経営に着手し、岡山の繁栄の基礎をつくった。
その子八郎秀家は、豊臣秀吉の殊遇を受け、直家の遺領である備前、美作のほかに備中の内の高梁川以東をも加え57万石を超える大領主となった。
ここにおいて秀吉の意見に従い、石山の東に本丸を移して城郭の拡張整備を行い、慶長2(1597)年、3層6階の天守閣が落成した。これがこの地に豪壮きわまりない石垣と内堀を残す岡山城本丸であり、近世城下町の骨格ができあがった。
↑↓日本城郭大系 第13巻 広島・岡山編(新人物往来社発行)の資料より転載
当時の岡山城・城郭↑と焼失前の天守閣↓ 現在の岡山城・城郭↑と天守閣↓
宇喜多秀家は慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いに西軍の総大将として出陣、一敗血に塗れて八丈島に流された。その後小早川秀秋が備前の国・名島から移って岡山城主となったが在城2年余りで急死し、後継者がいなかったのでこの家は断絶。そのあと姫路城主池田輝政の子、池田忠継に備前一国が与えられ岡山城に入る。以後池田氏31万5千石の時代が続き明治維新におよんだ。
かって岡山城の建物は櫓が35棟、城門が21棟あり、当時はわが国を代表する名城であったそうですが、明治2(1869)年、岡山城は国の所有となったものの、これら全ての建物を維持していくことができず、天守閣・月見櫓・西の丸西手櫓・石山門のみを残して、全て破却された。
その後、昭和20(1945)年6月に第2次世界大戦による市街地空襲で、惜しくも天守閣・石山門を喪失。現在の天主閣は昭和41(1966)年、市民の長年にわたる要望で、鉄筋コンクリート造りだが、外観が旧状通りに再現され、同時に不明(あかずの)門、廊下門、六十一雁木上門、それに周囲の塀なども、古い絵図に従い外観が旧状通りに再現されている。 (岡山城内の案内板・パンフレットから抜粋)
↑ 廊下門(ろうかもん) ↑ 小納戸櫓(こなんどやぐら)跡
小納戸櫓下の石垣→

池田忠雄が1620年代に築いた石垣で、搦め手の廊下門脇を守る小納戸櫓が上に建っていた。一帯の石垣は犬島(岡山市犬島)から運ばれたとみられる割石で、刻印を持つものもある。
← 大納戸櫓(おおなんどやぐら)

本丸の大手を守る要となる三重四階建ての城内最大の櫓でした。一階の平面は長辺20m・短辺10mで、壁には黒い下見板が張られており、藩政のための書類や道具類が保管されていた。
月見櫓(つきみやぐら) →

国指定重要文化財

本丸を構成する中の段の北西角を固める隅櫓で、池田忠雄が岡山城主であったときの城郭整備に伴い、元和年間から寛永年間前半の時期(1620)年代の建築と判断されているそうです。
←宇喜多秀家が築いた中の段西辺石垣


地下に埋る石垣を階段を下りて見学できます。


角が尖った珍しい石垣↓

石垣の辺と辺がなす角度は70度。
櫓跡には絵図と解説板が設けられています
伊部櫓(いべやぐら)跡 伊部櫓の絵図
多聞櫓(たもんやぐら) 数奇方櫓(すきかたやぐら)
←不明門(あかずの門)

天主閣のある本段全体の入口を固めた大型の城門であるが、平素の出入は北端の渡り廊下を使用し、この門はほとんど閉ざされていたことから「不明門」と呼ばれた。明治の廃城後取り壊されたが昭和41(1966)年、鉄筋コンクリート造で再建された。
六十一雁木(がんぎ)城門→


本段から川手に通じる石段道の上にある門で、段が61段あったことからこう呼ばれた。これものちに再建されたものです。
←礎石群


これらの石は昔の天守閣の礎石を移したもので、かってはこの状態で重くて大きな天守閣を支えていた。
岡山城・天守閣     訪問日:2013年7月14日 
岡山城・天守閣
所在地 岡山市北区丸の内
TEL 086-225-2096
入場料 大人300円 小人120円
観覧時間 09:00〜17:30(入場17:00迄)
交通 路面電車:岡山駅前から「東山」行き・「城下」下車徒歩10分
自動車 岡山ICから東に約20分
(岡山城がある烏城公園内の立入りは自由

メニューに戻る