神戸・岡本(梅林)公園 

2016年2月25日

阪急電鉄・岡本駅から「岡本・梅まつり」と記されたピンク色の「のぼり旗」に従って歩いて行くと、自然と岡本公園の入口に辿り着く。
入口の案内板によりますと、この岡本地区は古くから「梅は岡本、桜は吉野、みかん紀の国、栗丹波」と唄われるほど昔から梅の名所として知られていました。しかし1938年の阪神大水害や、その後の神戸大空襲、そして戦後の宅地化により梅林は失われていきました。その後、梅林復活へえの地域住民の熱意に神戸市が応え、1982年に「岡本(梅林)公園」が整備され、さらに2011年には拡張及びバリアフリー整備が行われ、現在に至っているそうです。
入口付近の白梅は満開です。 ゆるやかな坂道の奥には紅梅が・・・・・
紅梅も白梅も、もう見頃と云っても良い状態です。
梅林の中にも解説板があり、それによりますと・・

 岡本梅林の起源は明確でないが、山本梅崖の「岡本梅林記」に羽柴秀吉の来訪が記されているところより、かなり古くから存在していたようである。寛政十年(1798)には『摂津名所図会』に岡本梅林の図が登場する程盛んとなった。

 明治維新後は、国学者・大国隆正が、「岡本の梅とききつつ来てみれば 梅の中なる岡本の里」と詠じているように全村の各戸に梅の木を植え、増田太郎衛門所有の3ヘクタールの梅林をはじめとして、相当広い範囲にわたっていた。

 明治三十年頃から観梅期に国鉄が臨時停車場を設けるようになり、明治三十八年に開通した阪神電車が青木停留所を設けるにいたり岡本の観梅は阪神間における年中行事の一つとなった。

 このように令名をうたわれた岡本梅林も昭和十三年の災害で山が崩れ、戦災で梅の木も消滅し、その後の開発で宅地化され、ほとんどがその面影を残さない状態となっていたが、このたび岡本梅林wp記念し「岡本公園」として、その一部を復活整備した。

  昭和57年2月
江戸時代の岡本梅林
「摂津名所図会」より
神戸市立博物館蔵
梅林は、かなり高い所にある
園内には紅梅・白梅・しだれ梅など36品種190本の梅の木が植えられています
中には大宰府天満宮からいただいた菅原道真公ゆかりの梅もあるそうです
見頃は例年2月下旬〜3月上旬ですが・・・・
品種によって開花時期が異なるため比較的長い期間「梅の花」を楽しめるそうです
青空の下で咲く白梅
紅梅がきれいです
坂道・階段が多いので車椅子での観梅は一寸無理かも・・・・
「摂津岡本梅まつり」は、平成28年2月28日・10:00〜15:00に開催されます。
紅千鳥 道知辺
思いのまま
岡本(梅林)公園
所在地 神戸市東灘区岡本6丁目
料金 無料
入園 自由
休園日 無休
交通 阪急神戸線・岡本駅より約700m
JR神戸線・摂津本山駅から約1km
注意 園内および周辺にトイレはありません
駅構内で済ませてください
メニューに戻る