バラの寺・おふさ観音

2011年11月14日

久しぶりに奈良県のJR畝傍(うねび)駅までやってきました。以前は奈良のレトロな建物が目的でしたが、今回は境内がバラで埋め尽くされているという寺、「おふさ観音」が目的地である。
畝傍駅前の東側に「おふさ観音」の案内板があり、この後も要所々々に設けられた案内板に従って進むと、迷うことなく到着できそうです。

しかし、「長寿道」って何だろう?と疑問に思いましたが・・・・・
「おふさ観音」に続くこの道路沿いには昔ながらの住宅が数多く点在します。なるほど長寿は建物の事かと納得しましたが、この辺りにお住まいの方も長寿なのかも知れません。
畝傍駅から約10分で「おふさ観音」に到着です。
この寺は高野山真言宗の別格本山で、かってこの辺りは鯉ヶ渕と呼ばれる大きな池だったそうです。慶安3(1650)年4月早朝、土地の娘の「おふさ」さんが、池の辺を歩いていると白い亀の背中に乗った観音様が現れたそうです。そこで、この池に小さなお堂を建て、その観音様をおまつりしたのが、時代を経て現在のお寺へと発展してきたそうです。
おふさ観音では、訪れる人に心を癒して頂こうと、境内でたくさんのバラを育てておられます。人気のイングリッシュローズをはじめ、現在では1500種類ものバラが栽培されています。色とりどりのバラが咲く様子は仏様の世界に例えられ、「花まんだら」とも呼ばれます。
例年、春と秋のバラの季節にはバラまつりが行われます。

春のバラまつり 5月15日〜6月30日
秋のバラまつり 10月19日〜11月30日

入山は無料です。
サマーレディ カクテル
ターンブルー ゴールド・リーフ
粉粧楼 ソフィーズローズ
イエローサブマリン アイスバーグ
オンディーナ クィーン エリザベス
万葉
この寺の見どころはバラだけだと思っていましたが、本堂の裏側に回ってみると「亀の池」があり、その周りで紅葉が始まっていました。
「亀の池」の奥には、日本庭園があります。鯉の泳ぐ池を囲むようにある「円空庭」は四季折々の色彩が楽しめるようです。なお、この庭は奈良公園の立案者、前部重厚氏(儒家者)が明治時代に補修監督して今の姿になったそうです。

奥の建物は大正4(1915)年に建てられた御殿造り和の空間で円空庭を眺めながら、ゆったりとした時を過ごせる茶房となっています。コーヒーなどのほか「バラまつり」限定メニューとして、バラジュースやハーブカレーなどもあります。
円空庭
おふさ観音
所在地 奈良県橿原市小房町6-22
TEL 0744-22-2212
入山料 境内無料
開門 07:00〜17:00
交通 こちら(おふさ観音HP)
駐車場 約25台 無料
メニューに戻る