オーガニックビル

大阪市中央区南船場にこんなビルがある。外壁が赤いだけなら他にもありそうだが、なんと!このビルは外壁に植木鉢がくっ付いているのだ!

エントランス横に入居企業名が書かれた看板があったので、どんな企業が入居しているのか眺めてみた。あまり知らない企業名の中で、小倉屋山本という名が最上階の9階に記されていた。小倉屋山本と言えば、「えびすめ」という塩昆布で有名な老舗である。

帰宅後、色々調べてみると、何と!このビルは小倉屋山本の本社ビルであり、他のフロアーは関連企業やテナントが入居している。
なんでも、小倉屋山本が本社ビルを建て替える時に、現社長の「おもしろい物にしたい」との提案で、企業理念である「自然との共生」を尊重し、その考えを形にしようということになり、ニューヨーク在住のイタリア人デザイナー「ガエタノ・ペッシェ」氏にデザインを依頼し、平成5(1993)年に完成したものだそうである。
よく見ると、植えられている植物の種類・鉢の大きさ&形はさまざまであり、それらが不規則に並んでいます。これは植栽時も大変だっただろうが、毎日の水遣りも大変だぞ!と思って、ビルの警備員さんに聞いてみたところ、自動給水装置で時間がくると自動的に水が出るみたいですよ・・・との事。
それを聞いてからよく見ると、植木鉢の上下にパイプが通っている。一番上の鉢に与えた水は、鉢底のパイプを通ってその下の鉢に給水され、その排水が下の鉢へ次々と流れ落ちるシステムとなっているようだ。なるほど、これだと面倒な水遣りは人手を一切必要としないので心配は杞憂に終った。しかし、こんな「おもろい建物」は大阪にしかおまへんでっしゃろな?
オーガニックビル 所在地:大阪市中央区南船場4-7-21(地図)   撮影:2006.12.20

メニューへ戻る