城跡探訪・野田城

それは、突然目の前に現れました。

2012年4月29日、野田藤発祥の地で「野田藤が里帰り」との報道で、大阪市福島区玉川の春日神社を訪れる際に、マンションの入口前で目に留まったのが「野田城跡」の石碑である。
振り返るとJR環状線野田駅が見える マンション名は「ピュア玉川」です
 野田の地は元来、淀川河口の中洲の発達したもので、海老州と福島に挟まれた一つの小さな島であったものが、しだいに地続きになっていったものと考えられている。淀川・長柄川(中津川)が大阪湾に注ぐ河口の中間に位置するわずかな高台、それが野田の地であった。
 野田に城の原形が築かれた時期は、戦国時代、享禄4年から同5年(天文元年)にかけて、細川晴元と三好元長が対立抗争した時であろう。この時、享禄4年3月には三好方の浦上掃部の軍が野田・福島に陣取り、ここを陣地としている(細川両家記)。
 そののち、元亀元年(1570)7月、畿内での勢力奪回をねらう三好三人衆らが1万3千の兵を率いて阿波から泉州に上陸、27日、天満が森に陣取り、さっそく野田・福島の砦の補強工事を行い、そこへ立て籠もった。
 三好衆と結びついて信長との対抗を図った石山本願寺は、この年9月6日、諸国の門徒に対し、信長打倒の武装蜂起を呼びかけ同月12日、一斉に決起した。信長軍は苦戦し、野田・福島方面から撤退せざるをえなかった。
 しかしその後、天正4年(1576)、信長軍の猛攻により、野田・福島も信長の手に落ちた。同6年11月の木津海戦などに際しては、野田・福島は信長方の重要な陣地になった筈である。
 いわゆる石山合戦における以上のような結果からみて、野田と福島、両地にまたがる形で、堀や城壁をめぐらし、多勢の将兵が籠城しうるだけの城構えが出来ていたと想定される。
 しかしのの実態はよくわかっていない。その後のことも、40年ほど後の大坂冬の陣(1614)に関して、「西成郡史」が次のように伝えるのみである・・・・「慶長19年、大坂方の大野道犬が榧楼(井楼の意か)を福島の5分1に設け、8百人を以って野田の新家を守りしめた。同年11月16日、東軍の船将九鬼守隆・向井忠勝の両名が大小の艦船を率い、伝法港に入り、陸上池田氏の軍と協力して新家を攻めついに23日これを落とし、ついで福島もまた潰しえた」と。
 今日、野田城の遺構は残存しないが、福島区玉川の一帯は、江戸時代より町屋が発達し、「城ノ内」「奥」「弓場」「東」「北」「堤」の6町から成っていた。明治以降もそれらが字名として残ってきた所で、周囲より一段と地盤が高く、水路がまわりをとりまいているなど、野田城跡の伝承を裏付けている。
(解説と地図は「新人物往来社」発行の「日本城郭体系 第12巻」より抜粋)
野田城跡付近図(明治43年刊「大阪実測図」より)
もしも、野田城跡を訪れた頃が「藤の花」の季節ならば、ぜひ春日神社の「野田藤」もご覧ください。↓

神社は石碑横の道路を真直ぐ進み、「阪神高速3号神戸線」の高架下の信号を渡り左側一つ目の辻を右に曲がる。
野田城跡
 
所在地  大阪市福島区玉川4
交通 JR環状線野田駅・徒歩約1分
 
地図のマーカーは城跡碑の位置です

メニューに戻る