熊野街道・信達宿の野田藤

2011年4月28日

大阪の泉南地方で藤の花が見られるとの情報で、JR阪和線・和泉砂川駅に降り立った。西側駅舎は赤屋根のこじんまりとした木造で、なにか昔懐かしい感じがします。
改札前の道を直進し、一つ目の信号を右折すると、今なお昔ながらの古い建物が残る熊野街道に出る。
京都大阪から大阪を経由し、世界遺産・熊野三山に通じる熊野街道は泉南市を貫通していて、この辺りは「信達宿」として賑わっていたとの事。
この道をしばらく進むと、藤の花で覆われた住宅が見えてきます。
野田藤の咲く梶本家は、屋号を「油新(ゆうしん)」と呼ぶ旅籠だったそうで、近隣には紀州の殿様が宿泊した本陣があります。
玄関側から見ても藤だらけです
そして宅地のとなりに建つガレージ?との間に藤棚が設けられ、棚は奥へと延びています
昭和62(1987)年、生け花展に使って余った鉢植えの藤を、当家のご主人(梶本昌弘氏)が庭の片隅に植えました。その一本の藤が念入りな手入れによって東西27m・南北30mの広い範囲で3万房を超える花を咲かせるまでになりました。校長先生だった梶本さんが自宅を開放して藤を公開したところ、噂を聞いて藤を見にくる人が年々増え、泉南の名所となったそうです。

← その藤の木は一抱えはあると思える太さです。
見事な色合い。強い香りの「野田藤」は大阪市福島区の野田が発祥の地だそうです。「難波入江の花の名所」「みやびの郷」と言われ、豊臣秀吉も花見に訪れたそうです。
藤棚の後ろには展望所が設けられていて、藤を上から眺めることができます。


上から望む中庭で赤い和傘を見つけ、中に見物人が居ることから、中庭にも入れることを知り、そちらに向かいます。
 
藤とモミジの若葉
農家屋敷を取り壊し、白砂を敷き詰めた梶本邸の石庭。

例年、4月下旬には「ふじまつり」が行われ、この庭が会場となり、アーティストが続々と駆けつけて、ここで演奏するそうです。
平成の花咲爺さんと呼ばれていた梶本昌弘さんは、平成20年に享年79歳で永眠されたそうですが、この藤を守ろう!との思いで地元の人達が「熊野街道信達宿藤保存会」を立ち上げ、毎年、梶本さんに代わって手入れをされています。
訪問日 2011年4月28日
まだ先の方が咲いていませんので見頃は続きます  2011年の公開は5月1日迄です

信達宿の野田藤
所在地 大阪府泉南市信達牧野
入場 無料 (展望所は要100円)
公開日 毎年4月下旬
問合せ 熊野街道信達宿藤保存会 HP
交通 JR阪和線・和泉砂川駅から徒歩10分
上記HP参照

メニューに戻る