野田藤発祥の地を訪ねて

2012年4月29日

往古の昔、大阪市福島区の野田・玉川付近は、大阪湾に面した湿地帯で温順な気候に恵まれ、辺り一面に藤が咲いていたそうである。
野田・玉川に近い「下福島公園」に、その野田藤があると聞きつけ、訪ねてみました。
大きなマンション群に囲まれた公園は、野球のグランドが大半を占めていますが、緑地帯には沢山に藤棚が設けられています。
しかし、どの藤棚もあまり花が見られません。訪れる時期が悪かったのか、元々生育が悪いのか・・・どちらか分かりませんが藤棚を見て歩きます。
少しだだけ花が咲く藤棚がありましたが、形があまり良くなくイマイチです。
去年訪れた「大阪熊野街道・信達宿の野田藤」のような形の良い藤は、こんな都会の真中で見ようと思う方が間違いだったかもしれません。
公園内に、こんな碑がありました。碑には「著名な野田ふじも近年樹勢が衰え枯死寸前の状態になっていましたが、藤家などのご好意により、ここ下福島公園に藤邸の庭を移し、同庭に残存の原木から接木した数本の藤を移植して、昔日の面影を再現することとなりました「1976年10月・大阪福島ライオンズクラブ」の銘がある。近くの「春日神社」前には「野田の藤跡」の碑があると記されています。
野田ふじと藤邸の庭
せっかくだから、春日神社を探し、その碑でも拝ませてもらおう・・・と付近を捜しまわり、やっと春日神社を見つけました。鳥居の上には固まって藤が咲いていますが、きれいに垂れた藤の花ではありません。

しかし道路の奥で大勢の人だかりが見えます。何事かと思い歩を進めると・・・・・
きれいな藤棚が見えてきました。
秀吉も愛でたという野田藤の原木は春日神社(玉川2-2)周辺に咲いていたそうですが、第2次大戦末期の空襲で全滅したそうです。
宇和島藩5代藩主・伊達村候公は安永年間(1772〜81)に、参勤交代の途中、この地に立ち寄り、フジの苗木を持ち帰り今に至ったのが宇和島市の国指定名勝「天赦園」のフジです。平成12(2000)年、同市伊達事務所のご好意で、その苗木を10本いただき、そのうちの1本が生まれ故郷である春日神社境内に移植されました。
由緒あるフジを咲かせるのが長年の夢であったという「のだふじの会・広岡忠雄氏」が春日神社に毎日足を運び、水やりや剪定をされたそうです。
そして平成23(2011)年春に同神社境内一面に優雅な色の花が咲いたとのことです。(「のだふじ会報第3号」より抜粋)
貞治3(1364)年春 室町幕府二代将軍・足利義詮が住吉詣での途中この地を訪れた
文禄3(1594)年春、豊臣秀吉が藤見物にここを訪れた
「吉野の桜・野田の藤・高雄の紅葉」と童歌にも歌われた
江戸時代には野田藤は大阪の名所として全国に知られるようになった
第2次大戦で焼失した藤の古木は区民と行政の努力により区内各所でよみがえりつつある
春日神社の野田藤(左地図のマークの所)
所在地 大阪市福島区玉川2-2-7
交通 JR環状線・野田駅 徒歩約7分
地下鉄千日前線・玉川駅 徒歩約6分
見学 無料

メニューに戻る