旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)

大阪府吹田市内本町二丁目は、かっての「都呂州町(とろすちょう)」であり、古文書には「渡路州」と記され、船着場を意味する地名だったと考えられています。今でも重厚な造りの民家が散在し、往年の面影を残すその一角に、高い塀に囲まれて、ひときわ広大な屋敷構えを見せているのが旧西尾家住宅である。
上の写真は主屋・計量室に置かれている模型です 
 
この住宅は、明治中期に建てられ、その後、何度かの増築を経て現在の姿になったそうである。
約4500uの敷地内には、数奇屋造りの主屋のほか離れ・茶室・土蔵・庭園など重厚な旧家の
雰囲気を今に伝えています。
表門 明治36(1903)年築

西尾家に伝わる文書には「門 長屋付」とあるそうで、当初は長屋門だったものを後に長屋部分を撤去して離れを建て継ないだため、現在の形なったと考えられている。一般的に長屋門は街路に接し建てられるそうですが、この門は街路から8mも控えて建てられていて、これは大阪府下でもほとんど例を見ないそうである。
主屋 明治28(1895)年築

模型写真の一番右奥の建物であり、三つの棟で構成されている。
東西に棟をとり、表門に向かって式台玄関を開く玄関棟と、これに平行させて二階造の母屋棟が建ち、鞘の間(さやのま)と呼ぶ渡り廊下でつながれている。さらに母屋棟と玄関棟の東側土間部分に、棟を直交させた計り部屋棟を連結するという構造をとっている。
計り部屋

献上米の計量や品質検査が行われた場所。

大正8(1919)年の新嘗祭(にいなめさい=天皇家の儀式の一つ)では西尾家の田が斎田に選ばれ、その際の作業はこの部屋で行われたそうだ。
作業のために、室内には柱を一本も入れず、広々とした空間を確保している。そのため壁面は半間ごとに柱を建て、天井も水平材も半間ごとに入れた建築構造となっている。
こうした場所は床を土間とするのが一般的ですが、ここでは煉瓦が敷きつめられている。敷き方も「やはず張り」とし、意匠にも気を配るなど他に、例を見ない土間となっています。



←煉瓦敷きの土間


玄関棟:玄関の間

玄関棟は極めて格式高く造られた建物で、特別の日や賓客を迎えるときに使われた。

奥の部屋は茶室「味々庵」
母屋棟:客座敷 広縁

元々は四尺の板縁あったが、大正14(0000)年に離れを増築した際に、このような一間の畳縁に変更され、ガラス戸が備えられたそうである。ガラスは全てカットガラスが使用され、武田五一の指導によるものとの事。
母屋棟:大座敷

母屋の南側には客座敷が三つ並ぶ。これは一番大きな座敷で、床、棚、書院を設け、次の間との境の欄間には菊の盛り上げ彩色を施し、格調を漂わせている。









←欄間の菊


調理場

元は土間敷きで「かまど」が設けられていたそうですが、天井に近い壁の煤け方が極めて少ないことや、大きな刃型開閉器を備えた配電盤に合わせて床板が貼られていることから、いつの頃か「かまど」を屋外に出し、今の姿に改造されたとみられています。

右側手前の壁面が配電盤です。

三個の調理台は武田五一の設計だそうです。
電話室

戸口には「電話壱番」の札がかかり、吹田で最初に電話を敷設したのが当家との事。現在の電話番号も0001番である。
ちなみに二番目が吹田駅前の「アサヒビール」だそうです。
離れ 大正14(1925)年築

この離れは第11代当主の隠居所として計画されたと伝えられている。設計は関西建築界の重鎮・武田五一によるもので、大工は武田の住宅建築を多く手がけた三輪彌助との事。
建物は東西の位置に二棟を平行させ、渡り廊下で結ばれている。手前が洋風(接客)棟で、奥の建物が和風(居室)棟となっている。
洋風棟:応接室

この応接室には西側の出窓の上部とサンルームを隔てる東側の窓上の欄間に素晴らしいステンドグラスが用いられている。これも武田五一のデザインとの事。花と鳥をあしらったアール・ヌーヴォー風の質の高い意匠である。
洋風棟:ビリヤード室

この部屋の天井は格間の広い格天井(ごうてんじょう)とし、白漆喰壁に腰板を張るだけの簡素な洋風の空間としています。
和風棟:座敷

円形の下地窓や玄関の腰掛などが特徴の和風棟であるが、なんと1メートル・モジュールで施工されているとの事。新しいもの好きの武田五一ならではの作品である。
離れの渡り廊下の船底天井

離れの洋風棟と和風棟をつなぐ渡り廊下には、竹と桜の皮付き丸太の垂木を並べた船底天井が用いられている。
庭園

庭園の面積は約300坪、敷地の北西隅、主屋の南西を占め、南は離れを画する塀によって仕切られている。
茶室 明治26(1893)年築

庭園の北側に在る茶室は、茶道薮内流家元(京都市)の茶席燕庵と、同じく雲脚席の写しを組み合わせたもので、当主の号に因み積翠庵と名づけられた。
四腰掛(よつこしかけ) 明治39(1906)年頃築

桂離宮にある卍亭の写しと言われ、四腰掛と宝形屋根、卍形に配された腰掛などは、ほぼ同じですが、桟瓦葺にしてガラス窓をはめるなど、異なる手法もみられるそうです。
吹田慈姑(すいたくわい)

天保14(1843)年の「吹田村明細帳」に「禁裏 仙洞 女御 大宮」の四御所へ、毎年春「所産」の「姫慈姑」を献上との記載があるそうで、吹田村の慈姑は古くから有名だったそうです。この慈姑を学術的に紹介したのが、12代当主・西尾與右衛門と深い親交があった牧野富太郎博士だそうで、現在も博士ゆかりの植物が植えられている。
防火用水(プール)

敷地の南西隅に設けられています。
その他、防火用水(プール)の傍にはガラス張りの温室が存在していたことが、模型から分かります。何でも戦時中に「敵の攻撃目標になりやすい」との理由で撤去したそうです。
以上、写真で紹介した西尾家は、江戸時代初めに武家から帰農して吹田仙洞御料の庄屋を代々務めた家柄で、江戸時代には多くの文人が訪れ、明治以降も財界人や文化人と盛んに交流がおこなわれました。しかし、14代当主が亡くなり、この住宅も相続税として国に物納されてしまいました。現在、所有権は近畿財務局にあり、一時は取り壊して土地を競売にかける話も出ましたが、吹田市民の間で保存運動が起こり、「旧西尾邸保存活用会」が発足し、保存を求める4万人の署名が集められました。近畿財務局もこの声を受けて、吹田市に管理を委託。市は建物の補修などを進め、平成17年10月から同住宅を「吹田文化創造交流館」として一般に公開しています。

所在地:〒564-0032 大阪府吹田市内本町2−15−11  TEL 06-6381-0001 
最寄駅:JR吹田駅徒歩10分 / 阪急吹田駅徒歩10分 地図表示
開館時間:午前9時〜午後5時   休館日:12月29日〜1月3日
入館無料 ボランティアが館内を案内して説明してくれます。
駐車場はありませんので、車でのご来館はご遠慮くださいとの事です。 
 
参考資料:旧庄屋屋敷保存活用会 会報 第14号 / 産経新聞:平成18年8月17日号   撮影:平成18年10月21日

メニューへ戻る