京都・仁和寺の御室桜 

2016年4月8日

御室桜で有名な仁和寺に足を運びました。
仁王門をくぐる際に「おむろ桜・五分咲き」の立て看板が出ています。訪れるのが一寸早かったかな?と思いつつ、中門に向かいます。
前日の風雨で「ソメイヨシノ」などは、すでに散ったかと思っていましたが、けっこう残っているようです。
「紅枝垂れ桜」と「染井吉野」 右側は「ツツジ」です
拝殿  経蔵(きょうぞう)
金堂 鐘楼
色の濃いのはツツジです。 
「五重の塔」と「ツツジ」 「五重の塔」と紅枝垂れ桜
御室桜とツツジ
御室桜は、遅咲きの桜として知られているが、その数約200本で、江戸初期にはすでに現在の場所に植えられていたようである。また江戸時代中期には観桜の名所としてもしられており、丈が低く根元から枝を張る御室桜が『都名所図会(みやこめいしょずえ)』にも紹介されている。
背丈が低いのは、桜の下に硬い岩盤があるため、根を地中深くのばせないためと言われていましたが、最近の調査で岩盤ではなく粘土質の土壌であることが解ったそうです。
蕾はピンク色ですが花は真っ白です
この枝は満開です。
この辺りは、まだ蕾が多いです。
東門付近の落花弁がきれいでした。
仁和寺(左の地図のマーカーは入口です)
所在地 京都市右京区御室大内33
TEL 075-461-1155
伽藍特別入山料 (御室桜開花期間)
大人・高校 500円 中・小学 200円
拝観時間 08:00〜17:00(受付終了)
交通
(電車)
JR山陰線・花園駅から徒歩約15分
京福電鉄・北野線 御室仁和寺駅から徒歩約2分
交通
(バス)
JR京都駅から市バス26番約40分
阪急大宮駅・市バス26番約30分
駐車場 仁和寺東側 普通車100台
普通車:500円 大型車:1000円
訪問日  2016年4月8日
メニューに戻る