城跡探訪・二条城

二条城は慶長8(1603)年、徳川幕府初代将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営し、三代将軍家光が、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3(1626)年に完成した。したがって、家康が建てた慶長年間の建築と家光がつくらせた絵画・彫刻などが融合いた、いわゆる桃山文化の全貌をみることができる。
慶応3(1867)年、十五代将軍慶喜の大政奉還により、二条城は朝廷のものとなり、明治17(1884)年には離宮、昭和14(1939)年に京都市に下賜され、平成6(1994)年にはユネスコの世界遺産に登録されています。
↑昭和55(1980)年以前の航空写真  叶V人物往来社発行・日本城郭大系 第11巻の口絵より転載
城郭の規模:

 総面積=275,000平方メートル
 建築面積= 7,300平方メートル



城内の文化財:

 二の丸御殿(6棟)・・・・・・・・・・・国宝(建造物)
 東大手門等(22棟)・・・・・・・・・・重要文化財(建造物)
 二の丸御殿障壁画(1016面)・・重要文化財(美術工芸)
 二の丸庭園・・・・・・・・・・・・・・・・特別名勝
東大手門

東大手門は櫓門の一種で上重の櫓門は総塗籠となっており、中央上部に連窓がはりめぐらされ、格子は鉄板で覆われている。なお当城は居館風の城郭のため枡形や高麗門に類する施設はない。
唐門 ↑唐門の装飾
二の丸御殿(国宝)


武家風書院造の代表的な御殿建築で、遠侍(とおざむらい)、式台(しきだい)、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院の6棟が東南から西北にかけ雁行形に並んでいる。建物面積は3,300平方メートル、部屋数は33、畳は800畳余りある。各部屋の障壁画は狩野派の手によるもので、部屋の目的に応じて描かれている。また欄間の彫刻、飾金具、長押(なげし)に打たれた花熨斗形(はなのしがた)の釘隠などは、金飾あざやかに豪華を極めている。御殿東北には、台所、御清所(おきよどころ)があり、いずれも重要文化財に指定されているそうです。
二の丸御殿の内部は撮影禁止となっていましたので、パンフレット掲載の案内図と解説文で紹介します。



F 白書院:将軍の居間と寝室。二の丸御殿の中では最も規模が小さく障壁画は居間にふさわしい水墨画になっている。

E 黒書院:将軍と親藩及び譜代大名が内輪で対面した所。

D 大広間 一の間・二の間:将軍が諸大名らと対面した部屋で、特に将軍が座る一の間は最も豪華に造られている。

C 大広間・三の間:欄間の彫刻は厚さ35センチの檜の一枚板を両面から透かし彫りにしたものとのこと。

G 大広間・四の間:この部屋の障壁画「松鷹図には、桃山時代の様式を取り入れた、巨大な松と勇壮な鷹が描かれている。

H 式台 老中の間:老中があ控えた部屋です。

B 式台 式台の間:昇殿した大名が老中職と挨拶を交わした所。

I 遠侍 勅使の間:朝廷からの使者を迎える時の対面所とされている。

A 遠侍 一の間〜三の間:3部屋に分かれており、昇殿した大名の控室。虎の間ともいわれ、障壁画は狩野門下の筆による。

@ 遠侍 柳の間:車寄を入った正面の部屋は、障壁画により「柳の間」と呼ばれ、目付役が控え、来殿者の受付っをした所とされている。
↑大広間 (日本城郭大系・第11巻の口絵より転載)
二の丸庭園(特別名勝)

二の丸庭園は、古来からの造庭術にしたがい、池の中央に蓬莱島、その左右に鶴亀の島を配した書院造庭園で、小堀遠州の作と伝えられている。主に大広間、黒書院、行幸御殿の三方向から見られるように工夫されているとの事。色彩に富んだ大小さまざまな石組にあらわれた力強は豪壮な城郭建築とよく調和している。
本丸櫓門

東向きで前方に架橋を有するが、櫓門としては小規模で、のちの改造の跡もみられる。しかし裏側には枡形状の施設があり、防備を厳重にしていたと思われる。
本丸御殿

本丸は寛永3(1626)年に三代将軍家光の命により増築されたものですが、天明8(1788)年の大火により類焼した。
現在の建物は弘化4(1847年)に、京都御苑内の桂宮御殿として建設されたものを、明治26〜27(1893〜94)年にわたり、ここに移築されたもので、宮御殿の遺構としては完全な形で残っている貴重なものであり、重要文化財に指定されています。(内部非公開)
本丸庭園の一部

本丸庭園は明治時代に作庭されたもので、天守閣跡はこの奥にある。
天守閣跡

二条城の天守閣は、寛永3(1626)年に伏見城から移築されたもので、五層の天守が立てられていたが、寛延3(1750)年の落雷により消失し、再建されること無く現在に至っている。

現存する天守台は、高さ21メートル・天守台上の敷地面積は445平方メートルである。
↑天守台への階段
↑天守台上 ↑天守台からの展望
↑堀の外から@ ↑堀の外からA
二条城
所在地 京都市中京区二条通堀川西入二条城町 541
TEL 075-841-0096
入城料 一般:600円 中学・高校生:350円 小学生:200円
開城時間 08:45〜16:00 (閉城17:00)
休城日 1・7・8・12月の毎週火曜日/年末年始
駐車場 乗用車2時間まで600円 以降1時間ごとに200円
訪問日 2014年10月10日
メニューに戻る