万博公園ニューイヤーフェスタ

2015年1月11日

久しぶりに「万博公園ニューイヤーフェスタ」を訪れました。東口を入った所に広がる「東の広場」の「EXPO’70パビリオン」東側に、すでに「大とんど焼き」の用意が出来上っていました。

しめ縄を持参すると「とんど焼き」で処分していただけるとのことで、持参した「しめ縄」を係りの人に手渡すと、よく見える位置に吊るしてくれました。


以前、訪れたのは2009年でしたが、その時は凧揚げ大会がメインプログラムだったと思いますが、今回は、それがありません。
なぜかと思えば「東の広場」の東側をモノレールが走るようになり、凧がモノレールの線路に落ちたり、タコ糸が絡まったりする懸念があることを考慮しての禁止だと思いますが、やはり正月に凧が上っていないと、なんとなく寂しく感じます。
広場では「竹馬」・「コマ回し」・「羽子板」・「地方物産展での買い物」・「各地のお雑煮食べ歩き」などで、思い思いに時を過ごしておられます。

吹田市のゆるキャラ「スイタン」も登場し、子供達に愛嬌を振りまいていますが、このゆるキャラは「吹田くわい」をイメージしたものだそうです。
10時30分になると「大阪府立柴島高校生」による和太鼓演奏が始まりました。
11時30分から始まる「大とんど焼き」に合わせて開始する「焼きいも抽選」に長い列ができます。
11時30分・「大とんど」に火が入ります。 下火となり銀紙に包まれた芋が投げ込まれます
この時点でやっと順番がきた「くじ引き」は うら紙をはがすと「あたり」の文字が・・・
焼き芋の出来上がりは13時頃からということで、梅の開花状況を探りに梅林まで足を延ばします。

途中、太陽の塔を望む「上の広場」にはカラーコーンが林立しています。これは奥の「中央休憩所」の「紙飛行機作り教室」で、出来上った紙飛行機を飛ばしてコーンに当てれば、そこに記された商品がもらえるというゲームだったようですが、すでに午前中で終了したようです。
梅林で咲いていたのは上の2品種で、玉牡丹と香篆(こうてん)が間もなく開花しそうでした
梅林から帰ってくると、「焼き芋」の取り出し作業中でした。

芋のひきかえ迄、約20分ありますので、ここで昼飯です。丁度「各地のお雑煮食べ歩き」というイベントが行われていますので、それをいただきます。
本部と記されたテントで300円のチケットを買い 好みの雑煮と引き換えます
私が選んだのは「神戸雑煮」という焼あなごが入ったものです。具が沢山入っていて、これだけで十分で、食べ歩きなどは出来ませんでした。

その他に兵庫県宍粟市の「蛤雑煮」・エビ入りの「鹿児島雑煮」・鮭入りの「越後雑煮」・鶏だんご入りの「長崎雑煮」・鶏身入りの「関東雑煮」などが味わえます。
その後、抽選で当たった「焼き芋」を受け取り帰宅しました。
新聞紙・銀紙・新聞紙と三重に巻かれた包みを開くと、まだ暖かい焼き芋が現れます。雑煮を食べたあとですので、これを丸ごとは食べきれませんので、二つに割って女房と一緒にいただきました。

前にも記しましたが、これを食すと終戦後の食料難時代はこれが主食代わりで、毎日のように口に入れた当時の事が思い起こされます。
メニューに戻る