京都:梨木神社の萩
梨木(なしのき)神社は昨年(2010)に訪れましたが、本殿などが工事中であった事や、HPの構成上必要な写真の撮影に失敗するなどで、お蔵入りとなっていました。2011年9月23日、今年も萩のシーズンとなり再度この神社を訪れてみましたが、あまり萩の花が咲いていませんでした。神社の方に伺ったところ「花はこれからで9月末頃が見ごろ」とのことでしたが、折角ですので去年失敗した写真を撮り直し、2年分を合わせてまとめてみました。
梨木神社は、明治18(1885)年に創建された神社で、明治維新の功労者三條実萬公・三條実美公父子を祀り、三條家の旧邸が梨木町にあったことにちなんで名付けられました。

この神社は萩の名所として知られ、毎年9月中旬から下旬に催される「萩まつり」の頃は多くの参詣者でにぎわいます。
一の鳥居をくぐった所から、両脇に設けられた萩の垣根道を進みます。この神社の萩の特徴は俳句の短冊が添えられていることです。
萩の寺というだけあって境内は萩でいっぱいです
京都の三名水「染井の井戸」がある 絵馬や千羽鶴が奉納されています
南北に長い境内の北端に本殿がある ”控へめの中の彩どり京の萩”の短冊
訪問日 2010年10月8日・2011年9月23日  
梨木神社
所在地 京都市上京区染殿町
TEL 075-211-0885
拝観料 無料 拝観時間6:00〜17:00
交通 JR京都駅前・市バスA2乗場4・17・205系統「京都府立医大前」下車徒歩3分
駐車場 なし(境内の駐車場は月極駐車場)
メニューに戻る