奈良県護国神社の椿

奈良県護国神社

御祭神・・・明治維新以来、大東亜戦争までの国難に殉ぜられた、奈良県出身の英霊29245柱を祀る。
維新・日清・日露1022柱、一次世界大戦・満州事変119柱、大東亜戦争28068柱。


由緒・・・以前は、春日の飛火野において御霊を招魂して慰霊の祭りをしていたが、昭和17(1942)年にこの地に竣工鎮座し、御霊を祀って護国神社となった。大東亜戦争敗戦後に一時付近の地名より取って高円神社に改称されたが、独立国復によって元の奈良県護国神社に復した。
ところで、護国神社の本殿は高所に建っており、裾野は大木が森のように生い茂っていますが、そんな中に何と1800種23000本の椿が植えられているとの事。早速、雑木林の中に入り込んで椿の花を探しますが、こういう所は日当りが悪いせいか、あまり花は見つかりません。
日当りの良い場所では、割りあい多くの花が咲いていましたが、全体的には少なかったです。これは、一寸訪れる時期が早すぎたようです。

なお、この神社の椿の鑑賞時期は3月中旬〜4月下旬との事です。
 
ここからは名札が付いていた椿の花を、多少傷んでいる物を含めて少しばかり紹介します。
弁慶
 
月の輪
 
隠れ磯
 
参平
 
紅乙女
 
乙女椿
 
卜判錦
 
初雁
 
あけぼの
 
卜判
 
錦魚葉椿(葉が魚の形に似る)
 
英勝侘助
 
緋縮緬
 
花車
 
加茂本阿弥
 
太郎冠者
 
覆輪侘助
 
氷室雪月花
 
酒中花
訪問日 2011.3.29
奈良県護国神社
所在地 奈良市古市町1984
境内 自由・無料
交通 JR・近鉄 奈良駅から奈良交通バス(藤原台行又は山村町行)で護国神社停で下車徒歩3分
バス
時刻表
JR奈良駅(3番乗場)
近鉄奈良駅(4番乗場)
駐車場 有り 入口は北側(佐保短大側)
社務所にて無料駐車券発行

メニューに戻る