なら燈花会を行く

2012年8月10日

4年前の2008年に「なら燈花会」を訪れましたが、近鉄奈良駅に着く直前から振り出した豪雨のため「燈花会」は中止となってしまい、建造物のライトアップのみ撮って引き上げました。
今回は幸いそういう事態にならず、ほんのりとした夕焼けを望みながら歩を進めます。
帰りの事を考え、一番遠いと思われる浮見堂がある鷺池まで行き、暗くなるのを待ちます。

19:00丁度に電燈照明に灯が入り、プラスチック容器に入った水に浮かべたローソクの灯も、係りの人達の手で一本一本灯されていきます。
明るさがまだ少し残る鷺池の周りと浮見堂に全ての灯が入りました。
浅茅ヶ原会場は竹篭に入った燈火で、灯は全て電球です。
次の会場に行く途中に茶店の前庭で、こんな燈火を発見。
縦で撮ってしまいましたが、オリンピックのマークのようです。
浮雲園地は隣りの春日野園地と一体となって広大な灯りの海のようです。
春日野園地には燈火による文字が描かれています。花の字の所に人影が見えますが、消えた燈火を再点火するために、係りのおじさん(だと思う)が奮闘されていました。
 
若草山の斜面にはオリンピックマークと鹿などの絵柄が浮かびます。
東大寺鏡池会場は8月13.・14日のみ燈花会が行われます。

又、春日大社参道の燈火会は8月14日のみ燈花会が行われます
奈良国立博物館会場
興福寺会場北側入口 興福寺西側
興福寺の燈火と五重の塔
興福寺の北側階段には竹製の燈火が並び、西側斜面もきれいです。
猿沢の池・南側から望む興福寺五重の塔

2012年の会期は8月14日まで
点灯時間は午後7時〜9時45分迄

詳しくはNPOなら燈花会公式ホームページ
 

メニューへ戻る