紅葉の南禅寺から哲学の道へ

2012年11月16日

久しぶりに京都の南禅寺を訪れました。
この辺りの紅葉状況を偵察して、哲学の道を歩いて銀閣寺まで歩く予定です。

南禅寺の紅葉はすでに見頃と云える状態です。
南禅寺・三門 南禅寺・水路閣
南禅寺の境内は立入自由ですが、山門や方丈の拝観は有料(500円)です。

この白壁の建物は、南禅寺の塔頭である天授庵(てんじゅあん)です。白壁の上からはみだす紅葉があまりにも綺麗なので、拝観料(400円)を支払って中に入ります。
入口正面に建つ書院の奥の庭ですが、この建物内への立入りは禁止です
本堂の前庭は、枯山水で数個の石と白沙に緑苔を添えたもので、バックに鮮やかな紅葉が並びます。

本堂の縁に腰かけて、皆さんうっとりと見入っておられます。
矢印に従い進みますと、書院の南庭(池泉回遊式庭園)に導かれます。

南北朝時代の特色を備えたこの庭は、暦応四(1338)年の本庵創設当時に作庭されたものだそうです。
池には大きな鯉がゆったりと泳ぎます
天授庵を出て、南禅寺の境内の紅葉を眺めながら北門を出て、哲学の道に向かって歩を進めます。

途中、永観堂の前を通りますので、ここの紅葉の様子をみるため門をくぐります。
ここの紅葉も、入口付近では見頃と云える状態になっていましたが、観光客は多いようです。↓
場合によっては拝観も・・・・と思いながらチケット売場前まで行きましたが、拝観料・大人1000円の文字を見てUターンです。
南禅寺の紅葉を無料で楽しんだあとで、わざわざ1000円を払う気になりません。

次の「哲学の道」に向かいます。
哲学の道の入口付近で綺麗なモミジに出合いましたが、サクラの紅葉は終わっており、モミジは数が少ないようで、あまり綺麗な景観には出会えません。
春の桜は綺麗だったが、秋は今ひとつだな・・・と思いながら歩いていると「←真如堂」という看板に出合いました。一寸そちらをのぞいてみようか・・・と「哲学の道」から離れます。
真如堂

真如堂は高さ30mの三重塔をはじめ、紅葉に包まれた境内は極楽浄土そのもの。
ここは、なんと云っても境内無料(本堂拝観は500円)なのが嬉しい。
こちらも紅葉は見頃を迎えており、広い境内を約1時間ほどうろつきました。
再び「哲学の道」に戻り、銀閣寺を目指します。

銀閣寺に近付くにつれてドウダンツツジの紅葉が多く見られるようになり、又サクラの紅葉も少し見られるようになりましたが、これも末期で、あまり綺麗ではありません。
そうこうしている内に銀閣寺道に到着しましたが、銀閣寺に続く道路は銀座通りのような状態です。人混みが苦手な私は、これを見て又々Uターンです。


訪問日 2012年11月16日

メニューに戻る