南光ひまわり畑2007

兵庫県の南光町と言えば、ひまわり畑で有名な所だったのですが、いつの間にか佐用(さよ)町と合併して「佐用町南光ひまわり畑」と呼ばれるようになっています。
ひと口に南光ひまわり畑と言っても、一箇所に存在するのではなく、南北7地域に離れ離れで点在している。そして、7月中旬から8月中旬までの間、何時行っても何処かの地域でひまわりが見られるようにと、時期をずらせて植え付けられているようである。 地図
2007年7月26日「東徳久」地区と「林崎」地区が見頃との情報を得て出かけたが、林崎地区は見頃を過ぎたとのことで、誘導員から北側にある東徳久地区に行くようにと云われたので、そちらに行ってみましたが、畑の幅がせまくて奥行きを出そうとすると、この隙間が目障りで気に入りません。誘導員に逆らって林崎地区に向かいました。
しばらく進むと見えてきました。確かにピークは過ぎているかも知れませんが、何処までも続く広大なひまわり畑が眼前に広がります。
ここが「南光ひまわり畑」では最大規模(36万本)を誇る林崎地区である。
植えられているのは、こんな品種です。
広大なひまわり畑をうろついていると、「ひまわりめいろ」という看板が目に留まりましたので、童心に帰って挑戦です。
通行のじゃまにならないようにと、ビニール紐で縛られたひまわりの植え込みの間を進みます。わりと簡単だと思って進んでいると、とつぜん行き止まりに遭遇して後戻りをしたりしながら、ぐるぐる回っている内に、このまま出口にたどり着けないのでは・・・・と心配になったりしましたが、何とか無事に脱出できました。
次は「世界のひまわり」という看板を発見し行ってみました。すでに花の時期が終った品種が多くてあまり綺麗な花は見つけ難い状態でしたが2〜3紹介します。
残念ながら国名や品種名を記した札は、満開地区に移動させたのかして見当たりませんでした。
兵庫県佐用郡佐用町の旧南光町地区のひまわり畑は、平成2(1990)年頃から休耕田を利用して始まったそうで、種から採れる油をいろいろな物に活用されています。

入園に際しては特別なゲートはありませんが、左のようなボックスを見かけたら、協力金として100円を必ず投入しましょう。

なお、お出かけの際は開花情報でどの地域が満開かを確認してから出かけましょう。
撮影 2007年7月26日  

メニューに戻る