中之島ウエスト・冬ものがたり2012

よみがえったフェスティバルホール エントランス側は青いLEDで」彩られている
 この地にあった新朝日ビル(フェスティバルホール)は昭和33(1958)年に完成、私がその年に就職した会社が、そのビル内に移転したところででした。
 平成20(2008)年の「OOSAKA光のルネサンス」を最後に取り壊されてしまいましたが、この度「中之島フェスティバルタワー」として蘇り、高さ200mを誇る大阪の新たなランドマークとして再出発されました。
 なお、新フェスティバルホールの開業は2013年の4月からになるそうです。
フェスティバルタワー全景(朝日新聞より) フェスティバルホール入口への階段
フェスティバルタワー13階からの眺望
「フェスティバルタワー」は「OOSAKA光のルネサンス・中之島ウエストエリア」の共催社となっており、13階のスカイロビーで「光のフェスティバル」が催されています。ロビーの窓ガラスがスクリーンとなり、「楽譜や音符」「バレリーナ」など、来年4月に開業するフェスティバルホールならではの芸術モチーフが写しだされます。
期間:12/14(金)〜25(火) 時間:」18:00〜21:00 1時間4回のショー(1回100名) 17:00頃から1階では整理券を求める人の行列ができます。
欄干にさまざまな色に変化する光源で装飾された玉江橋の下をイルミネートされた遊覧船が行き交う堂島川の「ほたるまち港」付近で「ウォーターファンタジア」という噴水ショーと、「ほたるまち・光絵画」という、ABC朝日放送社屋の高さ40mの壁面に光のアートが照射されるショーが同時に始まります。
期間:12/14(火)〜25(日)
時間:18:00〜21:00(1時間に4回)


又々動く映像ということで動画を撮りましたが、噴水が明るくて色が飛びぎみ・壁面映像が暗くてはっきりしませんし、ピントがふらふらしていますが、雰囲気だけでも感じとってください。(「You TudeにUPした動画です・下の画像の▲クリックでスタートします)

メニューへ戻る