長崎を行く

2009年7月15日

「ついに実現!!軍艦島上陸クルーと長崎満喫2日間」というツアーに参加しました。新大阪から新幹線で2時間10分位で小倉駅に到着。ここからは観光バスで「門司港レトロ地区」へ、ここを少し観光した後に長崎に向います。
長崎に入ったところで、明日の軍艦島上陸に備えて、バスは野母崎にある「軍艦島史料館」へと向います。途中、誰かが「見えた!軍艦島!」と叫びました。
バスの車窓からは遠くに軍艦島が望め、いよいよ明日あの島に上陸できるかと思うと、わくわくしてきます。
(軍艦島史料館には過去・現在の軍艦島の写真が約100点展示されています)
バスは午後5時前に宿舎である「ロワジールホテル長崎」に到着です。この後はフリータイムですので、ホテルに近い「大浦天主堂」と「グラバー園」へと向かいます。
大浦天主堂

慶長元(1597)年、長崎の町はずれで神父を含む外国人6名、日本人20名、合計26名のキリシタンが十字架に架けられ殉教しました。彼らは、豊臣秀吉が発令したキリスト教禁止令に従わなかった事により、京都・大阪などで捕らえられた信者達であり、町々を引きまわされた後。長崎に送られ処刑されました。大阪とあるのは、私が現在住まいする茨木の信者達であったそうです。以前「茨木の山里を行く」で紹介しましたが、この事があって以来、信者達は山奥へと逃れ、茨木の山里が隠れキリシタンの里となった次第です。

その二十六殉教者の慰霊のために元冶元(1864)年に建設されたのが、この大浦天主堂であり、正面は殉教の地である西坂を見据えるように建てられています。

その後、明治7・8(1874・1875)年に改修・拡張され、現在の姿となり、現存する最古の洋風建築物として昭和28(1953)年に国宝・重要文化財に指定されました。
天主堂は、とにかく外観だけ撮って「グラバー園」の帰りに寄るつもりでしたが、「グラバー園」で時間をとりすぎて「大浦天主堂」は拝観終了時間を過ぎていました。みれんたらしく天主堂の門前に立っていると、後ろに止まっていたタクシーのドライバーさんから、「稲佐山の展望台から夕焼けの町並みを撮るのも良いよ・・・」と声をかけられ。格安(と思う)の料金を提示され、その気になってしまいました。

稲佐山は長崎市街を見下ろす標高333mの山で、春はツツジの名所としても知られ、山頂は公園となっており、無料の展望台の屋上からは360度の展望が開けます。

夕焼けを期待しましたが、西空が雲で覆われ出しましたので、早々に引き上げます。
このツアーには夕食が付いていません。長崎でそれぞれ好きな物を食せという事らしいので、ホテルの裏道で見つけた「中華食堂」で長崎チャンポンを食べましたが、大阪で食べるチャンポンとは雲泥の差、実に旨かったです。ビールが入ったこともあり、この日は早々と10時頃に眠ってしましました。
2009年7月16日
早朝5時10分に目覚めました。朝食が7時から、出発が8時30分ということで、じゅうぶん時間があります。カメラ片手にホテルを出て散策です。少し北に歩いた所で赤レンガ造りの古い建物を見つけました。

旧長崎英国領事館本館
明治40(1907)年に建設・レンガ造・二階建
昭和30(1955)年に長崎市が買収し、現在は子供科学館として活用。国宝・重要文化財に指定されています。
早朝のため市電はまだ動いておりません。徒歩で眼鏡橋までやってきました。

眼鏡橋
寛永11(1634)年に、興福寺唐僧・黙子(もくす)禅師が架設したわが国最初の唐風石橋。江戸の日本橋・岩国の錦帯橋とともに日本三橋の一つ。川面に映るその姿から、古来より「めがね橋」の名で長崎の人たちに親しまれたきました。
ホテルから南側を散策していてこんな建物を発見!
長崎税関下り松派出所
明治31(1898)年建設・レンガ造・平屋建
明治時代の税関の姿をよく伝えており、資料的価値が高いとのことで平成2(1990)年に国宝・重要文化財となる。
旧香港上海銀行長崎支店

明治37(1904)年築・煉瓦及び石造3階建
この建物は、重厚で端正な意匠になっており、長崎の海岸通りに建つ規模が大きい建物として欠かせない存在である、とのことで平成2(1990)年に国宝・重要文化財の指定を受けた。現在は長崎べっ甲工芸館となっています。
この日は、いよいよ軍艦島上陸の日である。前日は時々雨に見舞われたが、本日は快晴ではないが青空も部分的に見られるし風もほとんど無いので、上陸できるものだと思っていました。朝食を済ませ乗り込んだバスが発車すると同時に添乗員さんから「ここでお知らせが・・・・・」と来た。いやな予感がしたが、案の定「波が高いため上陸は出来ません、代わりに軍艦島周遊クルーズに変更します」と告げられます。わざわざ大阪からやってきたのに・・・・、がっかりですが天候には勝てません。軍艦島周遊クルーズの様子はこちらをご覧下さい。
周遊クルーズは島に上陸しませんので、約1時間の時間的余裕が出来たため、バスガイドさんの発案で出島観光が組み込まれました。(入場料=大人500円・高校生200円・小中学生100円)

寛永13(1636)年、江戸幕府はポルトガル人によるキリスト教の布教を禁止する目的で約1万5千平方メートルの人工の島を築き、そこにポルトガル人を収容しました。その人工の島が出島です。寛永16(1639)年、鎖国によってポルトガル船の来航が禁止され、出島は一時、無人の島となりましたが、寛永18(1641)年に平戸のオランダ商館が出島に移転。それ以来、安政6(1859)年までの218年もの間、出島は西洋に開かれたわが国唯一の窓口として、日本の近代化に大きな役割を果たしました。明治以降、出島周辺の埋め立てが進み、海に浮かぶ扇形の出島はその原形が失われ、以来市街地のなかに埋もれてしまいました。長崎市は歴史的な文化遺産を後世に残そうと復元整備にとりかかり、将来は四方に水面を確保した19世紀初頭の扇形の島の完全復元を目指して事業が進められています。
メイン通路 旧長崎内外クラブ
旧出島神学校 旧石倉
次に長崎原爆資料館を訪れましたが、写真を撮ろうと思っても建物が見当たらない。中に入って納得!展示室は地下にあった。


円形のスロープをだらだらと下って行くと、自然に展示室の入口に到着する。そこからは写真撮影は禁止されていました。
以前、訪れた時は小さな薄暗い展示室だったと記憶していており、原爆の恐ろしさを十分感じさせてくれました。しかし今回の、あまりに立派で綺麗な建物内の展示では、美術館にいるような感覚になり、あまり恐ろしさが感じられませんでした。
写真撮影も人物写真などは別として、爆風や高温で原型を留めない物体などの撮影は良いのではないでしょうか? 個人で撮った写真を通じて、原爆の恐ろしさがもっと沢山の人々に伝わるのではないかと思いますが・・・・・・
最後に訪れたのが長崎平和公園です。

この平和祈念像は昭和30(1955)年に完成した高さ約9.7m・重さ約30トンの青銅製です。天を指した右手は原爆の脅威を示し、水平に伸ばした左手は永遠の世界平和を願い、閉じた目は犠牲者の冥福を祈る、という意味を持っているそうです。
のどが乾いてたまりませんでした
水には油のようなものが一面に浮いていました
どうしても水がほしくて
とうとう油の浮いたまま飲みました

ーーあの日のある少女の手記から

平和祈念像が望める「平和の泉」に、こんな文章が彫られた碑が設置されていました。
これからも永遠に原爆が使用されないことを願って長崎を後にしました。
撮影 2009年7月15・16日

メニューに戻る